ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

ここは、大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケがあります。それは、

「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼がある」

というウワサを聞きつけたから。うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

うす暗い通路の先には「お好み焼、焼そば、モダン焼」の文字がおどる提灯。店の名前は「お好み焼 だん」。

じつはここに来るまで、ずっと気になっていたことがあります。関東に住む人間にとって、大阪=お好み焼のイメージがあるのは言わずもがなですが、おいしいお好み焼とそうじゃないお好み焼の見極めポイントが、いまいち分からなかったんです。

どうしても事前に把握しておきたかったので、知り合いの大阪のおっちゃんに聞いたところ、こんなヒントをもらいました。

「ひっくり返したとき、ドスンってなったら、ちょっとブルーになんねん」

……意外でした。

もちろん生地の方向性、具材、焼き加減、ソース、などいろいろな判断基準があるのでしょうが、まずは目の前の店の暖簾をくぐってみたいと思います。うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

「豚玉、ひとつ」

うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

スタンダードに攻めたかったので、注文したのは「豚玉」、780円。40年以上このお店の味を守り続けている寡黙な店主、山本さんが手際よく焼き始めてくれます。

ひっくり返したときの音に耳をすますと、軽い…!

「お酒と一緒に食べはる人も多いので、重いよりは軽めのほうが合いますからね。飲んだ帰りに寄ってくれる人でも食べやすいようなお好み焼やと思いますよ」

うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

からしが混ざったソースは、スタンダードだけど、とてもおいしい。うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

ミナミのはしごは、
ここから始まる。

うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

ふわふわ。…いや、フワッフワ。
ペロッと食べてしまいました。

常連さんにも話を聞いてみると、

「イカ焼きとか、サイドメニューもおいしいんですよ。お腹いっぱい食べても3,000円くらいやし、僕の場合は、男友達と遊ぶときも女の子とデートするときも、“ここからミナミのはしごが始まる”っていう感じなんですわ」

と、なるほどなご意見。夜のお店への出前なんかも、たくさん注文が入るそうです。

このフワッフワに出会って僕はこの日、大阪の人たちがお好み焼とゴハンを一緒に食べる理由も、なんとなく分かった気がしました。

 

「お好み焼 だん」

住所:大阪府大阪市中央区宗右衛門町1-14 大日館ビル 1F
TEL:06-6211-8708
営業時間:
月~土 17:00~翌4:00(LO 3:30)
祝 17:00〜21:00(LO 20:30)
夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
定休日:日曜日

Photo by TABI LABO

関連記事リンク(外部サイト)

6席しかないのに、なぜか通っちゃう大阪の名店「さささ」
大阪・新世界の商店街で「値札のないマーケット」
大阪でただひとり。現役「刀鍛冶」が、包丁を鍛錬する姿を見にいこう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。