体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

格闘技の選手から流行!外来の水虫菌「トンズランス菌」とは?

格闘技の選手から流行!外来の水虫菌「トンズランス菌」とは?
皆さんは、比較的最近日本に入ってきた外来の水虫菌の一つ「トンズランス菌」をご存知でしょうか?柔道やレスリングなどの格闘技で、選手同士から流行が始まったと言われています。

部活動でも懸念されるので、学生のお子さんをお持ちの親御さんは、感染予防対策など知っておくと良いと思います。

今回は、トンズランス菌について、気になる感染経路・症状・治療法・予防対策について医師に解説していただきました。

トンズランス菌とは 

カビ 

トリコフィトン・トンズランス菌はカビ(真菌)の一種で、手足に住み着く水虫の菌(白癬菌)の仲間です。

「トンスラ」とは、頭頂部が円形に脱毛したフランシスコ・ザビエルのような髪形を指す言葉で、この白癬菌に感染すると毛が抜けてしまうことから名付けられたようです。

このカビは皮膚の表面、角質にあるケラチンというタンパク質をエサにしており、フケ・垢を食べて生きています。

ポルトガル、スペイン、キューバなどを経てアメリカに持ち込まれ、日本では2001年に確認された比較的新しい種類のカビです。

トンズランス菌の感染経路 

レスリングの試合  

柔道やレスリングなど体が密着する格闘技の選手が国際試合で感染して持ち込んだと言われており、現在も格闘技関係者を中心に広がっています。

基本的には、格闘技で体を密着させたり、衣服やタオルを共有したりといったことで感染します。しかし、家族から感染する場合もあるので、自分が格闘技をしていなくても感染する可能性はあります。

一般的な白癬菌より感染力が強く、治りにくいとされているので注意が必要です。

トンズランス菌が感染しやすい部位 

上半身の男性

一般的な白癬菌に比べ、足には感染しにくく、
頭、顔、首、上半身に症状が出やすいと言われています。

トンズランス菌に感染した場合の症状  

症状が軽い場合

フケが出ている男性

皮膚が淡く赤くなり、小豆〜爪の大きさぐらいのフケやかさぶたが出ることがあります。

症状が非常に軽い場合は、発見が難しい場合があります。擦り傷やかぶれに似ていたり、よくよく探すと一部毛が抜けている部位がある程度の場合もあります。

症状が軽くても他人に対する感染源になってしまうので注意が必要です。

症状が重い場合

円形脱毛症
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。