体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢だった、キャンピングカーでアメリカを旅する楽しさ。

夢だった、キャンピングカーでアメリカを旅する楽しさ。

数年前、大学時代の友人が、仲間と一緒にキャンピングカーでアメリカを横断していた。その旅の様子がとても楽しそうで、自分もいつかやってみたいと思っていた。それが、今年実現した。

語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の聖地セドナだ。夢だった、キャンピングカーでアメリカを旅する楽しさ。

一緒にセドナへ行くメンバーを募集したところ、昨年東京で知り合ったロサンゼルス在住のアメリカ人のニャン、そしてシェアハウスの住人の友人である日本人のアキジとイタリア人のフランチェスカが参加してくれることになった。運転できるのはぼくとニャンの2人だけだったので、交代で運転することにした。

知り合って間もない外国人と一緒に旅行をするなんて、初めての体験だった。4日間生活を共にするだけに、チームの不調和は旅行そのものを台無しにしてしまう。

絶対に楽しい旅にしたかったので、ぼくは慣れない英語で「旅のしおり」のようなものを作って、メンバーと共有した。そのおかげで、早い段階からお互いに打ち解けることができたように思う。そして、いよいよ旅が始まった。夢だった、キャンピングカーでアメリカを旅する楽しさ。

【1日目】
ロサンゼルス〜インディオ

まずは初日の朝、キャンピングカーをレンタルできる会社「エルモンテRV」のロサンゼルス事務所を訪ねた。受付や映像説明の後、スタッフに案内され、いよいよキャンピングカーとご対面。

「でかっ!!」

夢だった、キャンピングカーでアメリカを旅する楽しさ。 キャンピングカーの大きさ、そして車内の広さ、設備の見事さに一同驚いた。4人しか乗らないのに、ベットが6つもあった。夢だった、キャンピングカーでアメリカを旅する楽しさ。

ボタンひとつで車は左右に広がるし、昼間テーブルとして使う場所はすぐベッドに切り替えることができ、トイレやシャワーがあり、そしてキッチンには冷蔵庫や電子レンジもある。

ホテルに泊まる必要はなく、ここに寝泊まりできるのだと思うと、本当にワクワクした。夢だった、キャンピングカーでアメリカを旅する楽しさ。

車を借りたら、まずはスーパーへ。4日分の食料と水を買い込むのだが、ここでリーダーシップを発揮してくれたのは、アキジだった。

「2人には運転してもらう分、料理は俺たちに任せて! 今夜は俺が牛丼を作るよ」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会