ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

交通機動隊と自動警ら隊のパトカーは何が違う?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
交通機動隊と自動警ら隊のパトカーは何が違う?

交通機動隊は警視庁や各都道府県の交通部にある部署で、通称「交機」と呼ばれます。主に幹線道路での取り締まりを行っています。一方の自動警ら隊は、警察署の管轄区域をこえてパトロール。警察内部では「自ら隊」と呼んでいます。交通機動隊と自動警ら隊の違いを詳しく見ていきましょう。

交通機動隊パトカーは足元しっかり

白黒パトカーはトヨタの200系クラウンが現役モデル。交通機動隊は交通取り締まりが主な任務のため、排気量3,000ccのエンジンを搭載し、自動警ら隊のパトカーよりも足元はしっかりしています。

パトカーの散光式赤色灯はルーフに直接載っているのが特徴。これは高速走行時に風の影響を受けないためです。緊急走行時に光らせる前面警光灯は電球タイプとLEDタイプが混在。LEDタイプは「ピカピカピカッ」とリズミカルに光ります。

交通機動隊の取り締まりでは白バイも使われます。日々の練習で磨いた高度なテクニックを持つ白バイ隊員だけが乗れる乗り物です。このほか、交通取り締まり用の覆面パトカーも交通機動隊で使われています。

交通機動隊はマシンの性能やテクニックにすぐれるだけでなく、管轄の街を知りつくしていることが注意ポイント。交通違反が起こりやすいポイントを熟知し、さらにはドライバーの心理さえ手玉にとって、日々違反キップを切っているのです。

自動警ら隊ならではのパトカー装備

交通機動隊が主に車などの違反を取り締まるのに対して、自動警ら隊は街中を巡回し不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務です。交通違反も取り締まることがありますが、凶悪事件が起こるのを未然にふせぐために、キップを切ったあとも車内を捜索したりします。

自動警ら隊のパトカーは200系クラウンが大部分を占めていますが、スバルのレガシィもよく見かけるでしょう。ルーフ上にはハコがついており、その上に赤色灯が載っているのが特徴です。

これは駐車時にその赤色灯を上に伸ばし、通行する車や人に目立つようにするための昇降装置が入っているためです。昇降装置はスイッチの他に、トランクの開け閉めで動作可能。交通整理や不審物の捜査を行う自動警ら隊ならではの装備でしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。