体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アッシュにお願い 〜家族になった保護猫たち〜

カフェブランは横浜市青葉区にある保護猫カフェです。ここに以前、「アッシュ」という名前の白黒模様の猫がいました。アッシュは1才半という若い年齢でこの世を去りました。お店の一角には今も祭壇が飾られています。

保護猫カフェなので、もちろんお客さんは店内の猫と遊ぶために来店しますが、カフェブランではこのアッシュに会いにくるお客さんも多いのです。その理由は・・・。

**

僕が初めてアッシュに会ったのは、2014年の暮れのことでした。

いわゆる猫らしい猫といいますか、手足が長く運動能力に長けていて大ジャンプが得意。おもちゃにもよく食いつき、飽きることなくずっと一緒に遊んでいたものです。

アッシュには小春という名前の兄妹がいました。小春はすぐに里親さんが決まりましたが、アッシュはなかなかお声がかからず・・・。

成長するに連れて以前ほどは遊んでくれなくなり、寝ていることが多くなりましたね。

体は大きくなっても他の猫に喧嘩を売っては返り討ちにあい、オーナーの岡本さんに泣きついては甘えていたそうです。岡本さん曰く「ヘタレの」アッシュ。風邪を引いて薬を飲まなくてはならないときにも、何とか逃げようと試みるのですが、あっさり捕まって薬を飲まされる。そんな様子を僕は笑いながら眺めていました。

2016年の2月になってついに里親さんのお声がかかります。1年以上をカフェブランで過ごし、みんなに愛されたアッシュもついに卒業、感慨深いものがあるなあ・・と寂しい思いをしていた矢先のこと。

トライアル中に突然死という不幸に見舞われるのです。

1才という若い年齢、スマートな体型で元気いっぱいに走り回る姿、健康上の問題など微塵も感じなかっただけに、周りに与える衝撃と悲しみは計り知れないものでした。

アッシュの亡骸は亡くなった翌日にお店に届けられました。閉店後の店内でひとり崩れ落ちて号泣する岡本さん。その悲しみの後にひとつの決意をするのです。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会