体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。

世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。

チーズを使って彫刻を楽しんだり、ミニチュアのチーズを作る職人はいる。けれど、自身の作品は「チーズの肖像画」だと言い切り、2011年からひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にたったひとりだ。

この職業を名乗る人物とはまだ出会ったことがないと、Mike Geno本人も言うけれど、万が一他にも該当するアーティストがいたら、こっそり教えていただきたい。世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。 彼のすごいところは、ただチーズを描いて飾っているだけではなく、全米のご当地チーズを網羅するために、こんなマップをつくってしまったというところ。世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。

画像はスクリーンショットなので、実際に触ってみたいひとはコチラから。

見ての通りこの全米地図から、気になる州をクリックしてみると、こんなチーズ一覧ページにジャンプする。試しに、「NY」をポチッ。世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。

彼のイラストと一緒に、ファームの名前や製造者の名前だけでなく、作り方や味の特徴までびっしり。6年かけて、彼はひたすらにチーズについて調べあげ、チーズギークの心を掴み続けるアーティストとなった。

この地図を使ってファームを周りながら、アメリカ横断なんてしてみたときには、舌が肥えて普通のチーズでは満足できなくなりそう……。すでにとんでもない情報量だけれど、まだ完成はしてないのだとか。これからも日々のチーズとの出会いが、ここに増えていくだろう。

「飢え」からはじまった
フーディスト人生

それはまだMikeが大学院生の頃。友人とアトリエにいるときに、お金がなくてまともにご飯を食べれない日が続き、限界が来ていたのだろうか。「いますぐステーキが食べたい……」と力なく呟いたらしい。

それを聞いた友人は、後日彼を自宅へ招いた。「お金はないけれど」そのセリフと一緒に、目に飛び込んで来たのは、壁中に飾られた、油絵のステーキやドーナツ、寿司など彼の大好物だったというのだ。世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。世界唯一の「チーズ画伯」が、全米の絶品チーズマップを製作中。
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。