体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北欧は友達ができにくいって本当?「友達ができやすい国」ランキングが面白い〜海外駐在員アンケート〜

【ランキング】海外駐在員の「友達ができやすい国」ベスト&ワースト3
グローバル企業が増えている現代社会では、海外転勤する人も増えてきています。けれど知り合いも親戚も全くいない外国に引っ越すのは、いくら仕事とはいえ心細いですよね。

そんな中、世界390都市をつなぐインターナショナルコミュニティ「InterNations」が、「海外駐在員による駐在国のアンケート」の結果をリリースしました。その中には、海外駐在員の「友達ができやすい国」もランキング形式で発表されていました。「友達ができやすい国ベスト3」と「友達ができにくいワースト3」の結果を見てみましょう。

「友達ができやすい国」第3位:アルゼンチン

【ランキング】海外駐在員の「友達ができやすい国」ベスト&ワースト3
ランキング65か国中、海外駐在員たちが3番目に友達ができやすいとしたのは、南米のアルゼンチンでした。男性同士の挨拶は握手やハグだけという国が多い中、アルゼンチンは男性同士でも頬にキスをする人も多いといわれています。そういう人との距離の近さが、友達のできやすさにつながっているのかもしれません。

また牛肉消費量が世界一のアルゼンチンでは、日曜日になると家庭で「アサード」(Asado)というバーベキューが行われます。ここに家族はもちろん、親戚、友人たちも一緒に参加し、みんなで楽しむのが伝統なのだとか。こういったイベントが頻繁にあると、友情を深めやすそうですね。

「友達ができやすい国」第2位:メキシコ

【ランキング】海外駐在員の「友達ができやすい国」ベスト&ワースト3
「友達のできやすい国」第2位は、北アメリカ南部のメキシコ。スペイン語を話すラテン気質のメキシコ人は、とにかくフレンドリーなのです!

アンケートに回答した在メキシコ駐在員の半数以上(53%)が「人々はとてもフレンドリーであたたかく、外国人の自分を受け入れてくれている」と感じているのだとか。そして、32%の駐在員が「メキシコで友達をつくるのはとても簡単」と感じているそう。そんな国なら、ぜひ働いてみたいですね。

「友達ができやすい国」第1位:コスタリカ

【ランキング】海外駐在員の「友達ができやすい国」ベスト&ワースト3
駐在員たちにとって1番「友達のできやすい国」は、「中米の楽園」と呼ばれるコスタリカでした!「コスタリカで友達をつくるのはとても簡単」と考えているのは34%で、メキシコの32%と僅差の勝負でした。

ただしコスタリカは、それ以上に駐在員たちが「馴染みやすい」と感じている(87%)のが勝因だったようです。美しい自然と親しみやすい人々に囲まれて、外国にいるにもかかわらず非常にリラックスできる国なのだとか。駐在員たち自身が現地の文化や人々に馴染んで、距離を縮めやすいから友達もたくさんできるのかもしれませんね。

次は、「友達ができにくい国」ワースト3を見てみましょう!

「友達ができにくい国」ワースト3位:ノルウェー

【ランキング】海外駐在員の「友達ができやすい国」ベスト&ワースト3
65か国中、海外駐在員にとって友達のできにくい国ワースト3位は北欧のノルウェーでした。筆者が調べてみたところ、「幼馴染や学生時代の友達を大切にして、新しい友達をそれほど欲していない」という傾向があるようです。たしかにそれでは、幼馴染も親戚もいない駐在員にとっては人つき合いのきっかけがつかめないかもしれません。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会