体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食欲不振になりがち?妊娠後期に摂取した食材&栄養満点レシピ

食欲不振になりがち?妊娠後期に摂取した食材&栄養満点レシピ
妊娠後期はお腹が大きい影響で、食欲不振になる傾向があるそうなので、栄養摂取を心掛けなくてはなりません。

また、おなかの張りや腰痛などの症状も現れるので、食事を作るのも大変になります。調理器具や献立を工夫していくこともママを助ける重要なポイントです。

今回は、妊娠後期に摂取したい栄養素からおすすめの食事メニューなどを、栄養士の横川先生に教えていただきました。

妊娠後期に食事を気をつける理由、母体の状態

妊娠後期の妊婦 

この時期は赤ちゃんが一気に大きくなり、胃が圧迫され食欲不振傾向に陥りやすくなります。栄養素を1食でしっかり補おうとせず、朝、昼、晩のお食事を4~5食に小分けしたりし無理をしすぎないようにしましょう。

後期はむくみや妊娠高血圧症だけでなく、おなかの張り、腰痛、尿漏れなどにもなりやすくなります。お食事を作るのも大変になってくる方も多いので、炊飯器などを使い、立ちっぱなしの調理を減らすのはおすすめです。

また、子宮が大静脈を圧迫し、血の流れが滞りがちに。むくみに繋がりやすいことから、食事からは塩分の摂り過ぎに気をつけることが大切です。この予防によって後期になりやすい妊娠高血圧症の対策にもなります。

妊娠後期に摂取したい栄養素・食材  

たんぱく質

タンパク質の食べ物

妊娠後期は赤ちゃんが一気に成長する時期。筋肉や血液、肌などあらゆるところで使われるたんぱく質をしっかりとっておくことで赤ちゃんの健康だけでなく、母体の回復を促します。

また、たんぱく質は主に肉類(豚、牛、鶏など)、魚類、卵類、大豆製品、乳製品に含まれています。

※豚や牛肉などのお肉類を選ぶ際は、脂肪が少ないものほどたんぱく質を多く含んでいる特徴があるため、赤身肉を中心に選ぶと良いでしょう。余計な脂質の取り過ぎを予防します。

DHA

サンマ

さんまやいわしなどの青魚に含まれるDHAは、脳の機能向上などに働き、赤ちゃんの脳の発達に役立ちます。

マグネシウム

アーモンド

筋肉の収縮をサポートするマグネシウムは早産予防になるだけでなく、血圧を下げる作用が期待できるため、妊娠高血圧予防にも◎。

マグネシウムは、絹ごし豆腐、ひじき、ほうれん草、バナナ、アーモンドなどに含まれています。

カリウム

バナナ
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会