ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ココだけの絶景・秘湯・泉質に感動!東北のおすすめ温泉22選【2017年秋冬】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
瀧見館

自然が豊かな東北には、湯量が豊富で泉質の良い温泉が多い。また、湯治の文化があり、温泉宿もたくさん。殊に寒い季節は温泉の温もりが嬉しい。美しい自然の景観と秘湯の雰囲気、湯治宿の旅情、泉質の良さをたっぷり味わえる、東北の温泉へ出かけよう!

記事配信:じゃらんニュース

ここだけの絶景に感動。

雪が包み込む清らかさ、夕日が海と空を染める鮮やかな色彩、海や湖のすがすがしさなど、温泉につかりながら自然の美しさとスケールの大きさを実感できるのは東北だからこそ。絶景の中でお湯に身を委ね幸せなひとときを。

1.瀧見館【山形県尾花沢市】

湯気に霞む、雪積む木々が幻想的。

瀧見館露天風呂と内湯があり男女入れ替え制、透明でとろりとした湯

雪見時期:1~2月頃

風情ある温泉街として人気がある銀山温泉の木立に囲まれた高台にあり、眼下に滝を望める宿。露天風呂から眺める雪景色は白くしんと静まり返り、幽玄な美しさ。名物の自家製手打ち蕎麦は日帰りでも味わえる(要予約)。 瀧見館(たきみかん)

TEL/0237-28-2164

住所/山形県尾花沢市銀山新畑522

営業時間/日帰り入浴11時~14時(最終入館13時30分)

定休日/日帰り入浴は不定

料金/日帰り入浴大人600円、小学生300円、昼食付き個室休憩プラン(90分)2160円~(3日前までに要予約)

アクセス/東北中央道東根ICより1時間

駐車場/30台

「瀧見館」の詳細はこちら

2.乳頭温泉郷 妙乃湯【秋田県仙北市】

純白の森と渓流が、心に刻まれる。

乳頭温泉郷 妙乃湯日帰りでも利用可(1時間1080円、宿泊の場合は無料)の貸切温泉露天風呂

雪見時期:1~2月頃

静寂の中に渓流の音が響き、滝や木々のフォルムが際立つ雪景色は、瀟洒な宿の雰囲気と相まって胸を打つ美しさ。鉄分が豊富な金の湯と、とろりとした銀の湯の2つの源泉がある。銀、金、銀の順につかるのがおすすめ。乳頭温泉郷 妙乃湯底の丸い石が心地よい混浴露天風呂

乳頭(にゅうとう)温泉郷 妙乃湯(たえのゆ)

TEL/0187-46-2740

住所/秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1

営業時間/10時~15時

定休日/火(温泉施設整備点検のため)

料金/日帰り入浴大人800円、0歳~小学生400円

アクセス/秋田道協和ICより1時間15分

駐車場/17台

「乳頭温泉郷 妙乃湯」の詳細はこちら

3.高湯温泉 旅館玉子湯【福島県福島市】

雪化粧した山並みと降り落ちる雪を。

高湯温泉 旅館玉子湯開放的な女性専用露天風呂

雪見時期:1~2月頃

10カ所の源泉から自然湧出する湯を100%かけ流している7つの湯処がある。露天風呂からの山の壮観な風景も、湯小屋の窓に映る雪の影も味わい深い。静寂な雪景色の中で白濁色の湯につかると心まで穏やかになる。 高湯(たかゆ)温泉 旅館玉子(たまご)湯

TEL/024-591-1171

住所/福島県福島市町庭坂字高湯7

営業時間/日帰り入浴10時30分~15時(最終受付14時)

定休日/日帰り入浴は水、12月~3月は月・金

料金/日帰り入浴大人800円、小学生500円

アクセス/東北道福島西ICより30分

駐車場/50台

「高湯温泉 旅館玉子湯」の詳細はこちら

4.「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部【宮城県蔵王町】

「雪の降る音」を、森の中で聞く。

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部渓流露天風呂川の湯「しかく」はさらりと優しい美肌の湯 蔵王国定公園内13万平方メートルの森の中、オールインクルーシブで過ごす大人の森林温泉リゾート。渓流露天風呂川の湯では、晴れの日はダイヤモンドダストのように舞う粉雪を、曇りの日には水墨画のような雪景色を楽しめる。「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部川の湯「まる」には体を芯から温める岩盤浴川のサウナも

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部(くらぶ)

TEL/0224-34-2311

住所/宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上ノ原128

定休日/不定

料金/2名1室1泊2食付き2万2830円

アクセス/東北道村田ICより25分

駐車場/50台

「「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部」の詳細はこちら

5.銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘【山形県尾花沢市】

山の奥、一面白銀の異世界がある。

銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘銀山温泉随一の広さの露天風呂、湯の花舞う湯が満ちる

雪見時期:1~2月頃

温泉街から少し離れており、露天風呂からはすっぽりと雪に包まれた山の風景が見渡せる。東北では珍しい寝湯露天風呂は空を眺めながらリラックスできる。大正末期~昭和初期の木造多層建築が並ぶ温泉街の雪景色も絶景。銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘ガス灯がロマンティックな温泉街まで徒歩5分

銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘(ぎんざんおんせん せんきょうのやど ぎんざんそう)

TEL/0237-28-2322

住所/山形県尾花沢市大字銀山新畑85

営業時間/日帰り入浴10時~14時(最終受付13時30分)、日帰り岩盤浴受付11時~13時

定休日/火、金

料金/日帰り入浴(フリードリンク付)大人1000円、小学生以上500円、日帰り岩盤浴大人700円

アクセス/東北中央道東根ICより1時間

駐車場/50台

「銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘」の詳細はこちら

6.松川温泉 峡雲荘【岩手県八幡平市】

自然の原生林と巨岩の雪景色。

松川温泉 峡雲荘混浴の露天風呂。ほかに女性専用の露天風呂もある

雪見時期:12~3月頃

巨岩を配した露天風呂から眺める、ブナやナラの森が雪に覆われた風景は、自然の力強さが感じられる。源泉100%かけ流しの硫黄泉の湯はエメラルドを溶かし込んだような乳白色で、冬は雪の白さに映えて殊のほか美しい。 松川温泉 峡雲荘(まつかわおんせん きょううんそう)

TEL/0195-78-2256

住所/岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉

営業時間/日帰り入浴8時~20時、休憩入浴10時~15時

定休日/なし

料金/日帰り入浴大人500円、5歳~小学生250円、個室休憩入浴大人1200円、5歳~小学生800円、大広間休憩入浴大人700円、5歳~小学生500円

アクセス/東北道松尾八幡平ICより25分

駐車場/50台

「松川温泉 峡雲荘」の詳細はこちら

7.黄金崎不老ふ死温泉【青森県深浦町】

潮騒が響き、海と空と湯が光り輝く。

黄金崎不老ふ死温泉海辺の露天風呂は混浴、女性はバスタオル利用OK 日本海に面した海岸と一体化した海辺の露天風呂は、海につかっているかのよう。夕日が燦々と輝くと体ごと光に包まれてゆく。塩化物泉で体が芯から温まり、メタけい酸と炭酸水素イオンを豊富に含む美人の湯。黄金崎不老ふ死温泉新館にあるパノラマ展望露天風呂

黄金崎不老ふ死温泉(こがねさきふろうふしおんせん)

TEL/0173-74-3500

住所/青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15

営業時間/日帰り入浴海辺の露天風呂8時~16時(最終受付15時30分、本館内湯は~20時、最終受付19時30分、新館内湯は10時30分~14時、最終受付13時30分)、大広間利用8時~17時

定休日/なし

料金/日帰り入浴大人600円、小学生300円

アクセス/秋田道能代南ICより1時間30分

駐車場/100台

「黄金崎不老ふ死温泉」の詳細はこちら

8.愉海亭みやじま【山形県鶴岡市】

見渡す限りどこまでも、くれないの海。

愉海亭みやじま檜造りの展望大露天風呂、視界いっぱいに水平線が

湯野浜温泉で一番海に近い、庄内浜の中にある宿。日本海の180度のパノラマが望める屋上の展望大露天風呂は本物の漁船を浴槽にアレンジした湯船と檜の湯船がある。2階の大浴場からの眺望も抜群だ。湯は無色透明で体が温まる。 愉海亭(ゆかいてい)みやじま

TEL/0235-75-2311

住所/山形県鶴岡市湯野浜1-6-4

定休日/なし

料金/2名1室1泊2食1万880円~

アクセス/日本海東北道庄内空港ICより10分

駐車場/70台

「愉海亭みやじま」の詳細はこちら

9.道の駅 象潟 ねむの丘【秋田県にかほ市】

道の駅でこの絶景!感動ひとしお。

道の駅 象潟 ねむの丘眺望が良く、晴れた日には遠く男鹿半島まで見渡せる

海岸に建つ道の駅の4階にある展望温泉「眺海の湯」は、壁一面が窓になっており日本海を一望にできる。湯につかり、地元の人が交わす言葉を耳にしながら眺める茜色の海と水平線に沈む夕日の景色は、しみじみと心に残る。 道の駅 象潟(さきかた) ねむの丘

TEL/0184-32-5588

住所/秋田県にかほ市象潟町字大塩越73-1

営業時間/展望温泉「眺海の湯」9時~21時

定休日/展望温泉「眺海の湯」第3月(祝日の場合は翌火、7月~8月はなし)

料金/90分大人350円、小学生200円、1日券大人500円、小人300円

アクセス/日本海東北道酒田南ICより30分

駐車場/400台

「道の駅 象潟 ねむの丘」の詳細はこちら

10.裏磐梯レイクリゾート 本館 五色の森【福島県北塩原村】

森に包まれ裏磐梯最大の湖を眼下に。

裏磐梯レイクリゾート 本館 五色の森源泉かけ流しの湯は、美容成分を豊富に含む「美肌の湯」

源泉100%かけ流しの露天風呂は檜原湖を見渡す眺望が自慢。風そよぐ木々の間のすぐそばに青い湖水が広がり、赤褐色の湯で体が温められ、大自然の恵みを五感で享受できる。内湯の大きな窓からの眺めも、雪景色も美しい。 裏磐梯(うらばんだい)レイクリゾート 本館 五色(ごしき)の森

TEL/0241-37-1111

住所/福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山1171-1

営業時間/9時~11時、13時30分~21時(最終入館20時)

定休日/なし

料金/日帰り入浴大人1200円、4歳~小学生800円

アクセス/磐越道猪苗代磐梯高原ICより25分

駐車場/350台

「裏磐梯レイクリゾート 本館 五色の森」の詳細はこちら

11.松島一の坊【宮城県松島町】

まるでアートな絶景を心ゆくまで。

松島一の坊男性専用露天風呂、内湯の眺望もよい 露天風呂は最上階にあり眺望抜群。湯船が海と一続きのように感じられる。日本三景に数えられる青い海と緑の松が茂る島々の風景を、人混みもなく堪能できる。地下1500mから湧く湯はアルカリ性でとろりとした肌触り。松島一の坊冬期は水平線から朝日が昇る様を湯船で眺められ、感動的

松島一の坊(まつしまいちのぼう)

TEL/022-353-3333

住所/宮城県宮城郡松島町高城字浜1-4

営業時間/日帰り入浴12時~15時(最終受付14時30分)

定休日/火、その他休館日あり

料金/日帰り入浴大人1500円、小学生750円

アクセス/三陸道松島北ICより10分

駐車場/200台

「松島一の坊」の詳細はこちら

ここだけの泉質を堪能。

東北地方には3800以上の源泉があるといわれ、強酸性泉や炭酸泉など泉質自慢の温泉がたくさんある。泉質が異なる複数の源泉を持つ宿も多く、多彩な温泉効果が期待できる。東北を巡って好みの泉質を見つけよう

12.最上高湯 善七乃湯大平ホテル【山形県山形市】

乳白色のフレッシュな温泉が効く。

最上高湯 善七乃湯大平ホテル蔵王温泉で一番最初に造られた露天風呂 洗浄力と漂白力がある強酸性の源泉の湯をかけ流している。自噴する2つの源泉をブレンドして適温に調整し、空気に触れさせずに湯船に届けて鮮度を保ち、温泉効果を最大限に。露天風呂、内湯と7つの貸切風呂がある。最上高湯 善七乃湯大平ホテル貸切風呂は無料で利用できる

◆にごり湯

毎分340リットル湧く2つの源泉は強酸性の硫黄泉、空気に触れると白く濁る。 最上高湯 善七乃湯大平ホテル(もがみたかゆ ぜんしちのゆ おおひらほてる)

TEL/023-694-9422

住所/山形県山形市蔵王温泉825

営業時間/日帰り入浴12時~22時(20時30分~21時入浴不可)、日帰り入浴プラン10時~16時(入浴は12時~16時)

定休日/なし

料金/日帰り入浴500円、日帰り個室休憩付き昼食なしプラン2500円、日帰り昼食付きプラン3500円~

アクセス/山形道山形蔵王ICより30分

駐車場/50台

「最上高湯 善七乃湯大平ホテル」の詳細はこちら

13.野地温泉ホテル【福島県福島市】

優しい肌触りでミルクのよう。

野地温泉ホテル湯の温度が異なる3つの湯船を備える千寿の湯、窓から源泉の湯けむりが見える

じゃらんnet東北エリア「お風呂の良かった宿ランキング」1位※。東北の美湯の1つに数えられ、肌にしっとりと馴染む。内湯から入浴したまま移動できる露天風呂など6つの湯処があり、3時間毎の男女入れ替え制。

※2015年8月1日~2016年7月31日じゃらんnetクチコミ宿ランキング

◆にごり湯

乳白色の湯は硫化水素型の単純硫黄泉でpH5.9。胃腸の名湯としても名高い。 野地(のぢ)温泉ホテル

TEL/0242-64-3031

住所/福島県福島市土湯温泉町字野地1

営業時間/日帰り入浴平日10時30分~15時、土日祝~14時、個室利用平日10時45分~16時

定休日/不定(要問合せ)

料金/日帰り入浴大人800円、4歳~小学生400円、個室利用1人3315円、お膳付き1人5475円

アクセス/東北道福島西ICより40分

駐車場/100台

「野地温泉ホテル」の詳細はこちら

14.しんとろの湯【宮城県大崎市】

とろとろの美人の湯を公衆浴場で。

しんとろの湯身体の芯まで温まるpH9.4のアルカリ性泉で、湯の色は無色透明

入った瞬間からぬめりを感じる、驚くほどとろりとした肌触りの湯。源泉から木の樋で200mの距離を流して温度を適温に下げてから湯船にかけ流している。公衆浴場なので地元の人と話をしながら入浴できるのも魅力。

◆肌触りとろとろ

含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉、湧出温度は93.0℃。 しんとろの湯

TEL/0229-87-1126

住所/宮城県大崎市鳴子温泉字星沼18-9

営業時間/日帰り入浴9時~21時30分(最終入館21時)

定休日/なし

料金/日帰り入浴大人420円、小学生210円

アクセス/東北道古川ICより40分

駐車場/50台

「しんとろの湯」の詳細はこちら

15.新玉川温泉【秋田県仙北市】

効能豊かな日本一の強酸性温泉。

新玉川温泉広い浴場に多彩な湯船がある。入浴の心得や入浴方法に従って利用しよう 玉川温泉と同じ源泉を使用しておりpH1.2の強酸性。源泉100%、源泉50%、弱酸性の湯など11種類の浴槽から体調に合わせて入れる。温かい石の上に横たわる温熱浴施設もある。湯治だけでなく日帰り入浴もOKなので挑戦しやすい。新玉川温泉箱蒸し湯は室温が50℃前後のサウナで発汗を促す 新玉川温泉大浴場に隣接して明るい露天風呂もある

◆強酸性

塩酸が主成分でラジウムを含有し、98℃の源泉が毎分9000リットル湧出する。 新玉川(しんたまがわ)温泉

TEL/0187-58-3100

住所/秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢2

営業時間/日帰り入浴9時~16時(最終入館15時30分)

定休日/2月~4月下旬(今期のみ)

料金/日帰り入浴大人600円

アクセス/東北道鹿角八幡平ICより45分 ※12月~4月中旬一般車両冬期通行止、JR田沢湖駅より路線バス利用

駐車場/120台

「新玉川温泉」の詳細はこちら

16.ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉【青森県青森市】

温度、肌触り、色の異なる4種の極楽。

ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉地中深くから汲み上げる龍神の湯の内湯は、県内随一の広さがある

硫黄炭酸泉のらむねの湯、緑がかった龍神の湯、とろりと白いみるくの湯、湯花が舞う露天風呂の八甲田元湯はどれも抜群の心地よさ。樹齢200年以上のナラの柱がそびえる内湯の湯殿は、森の中にいるような雰囲気がある。

◆泉質いろいろ

湯量が豊富な龍神の湯は中性、らむねの湯とみるくの湯、八甲田元湯は酸性。 ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田(はっこうだ)温泉

TEL/017-738-8288

住所/青森県青森市駒込深沢766-2

営業時間/日帰り入浴10時~17時

定休日/なし(11月中旬~3月末は休館)

料金/日帰り入浴大浴場大人600円、小学生300円、6歳以下150円、らむねの湯館 大人800円、小学生400円、6歳以下200円、大浴場+らむねの湯館大人1000円、小学生500円、6歳以下250円、3歳以下無料

アクセス/東北道青森ICより40分

駐車場/70台

「ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉」の詳細はこちら

17.夏油高原温泉郷 瀬美温泉【岩手県北上市】

弱アルカリ性と中性のやわらか3種の湯。

夏油高原温泉郷 瀬美温泉長寿の湯が注ぐ女性専用露天風呂から夏油川を眺められる

メタけい酸を100mgも含有する美人の湯と、肌のしっとり感が長く続く夢の湯、ナトリウムやカリウムを含む長寿の湯の、3つの源泉による9の浴槽を備える。渓谷沿いにあり混浴大露天風呂から渓流の景観が望める。

◆泉質いろいろ

3種の源泉ともに単純温泉だが、成分や効能、温度がそれぞれに異なる。 夏油(げとう)高原温泉郷 瀬美(せみ)温泉

TEL/0197-73-7294

住所/岩手県北上市和賀町岩崎新田1-128-2

営業時間/日帰り入浴4月~10月は7時~21時(最終受付20時)、11月~3月は~20時(最終受付19時)

定休日/なし

料金/日帰り入浴大人600円、小学生300円、3歳~小学生未満150円、第3水は大人300円、小学生150円、3歳~小学生未満50円

アクセス/秋田道北上西ICより10分

駐車場/50台

「夏油高原温泉郷 瀬美温泉」の詳細はこちら

ここだけの秘湯に挑戦。

山の奥に湧く温泉が多いのも東北ならでは。秘湯は湯量が豊富で泉質が良いだけでなく、浴場の造りや風情も独特なものばかり。思い切って足をのばして、手つかずの大自然の景観と個性豊かな温泉を体感しよう。

18.乳頭温泉郷 鶴の湯温泉【秋田県仙北市】

白い雪と湯に埋もれて、安らぐ。

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉底に敷いた石の間から源泉が湧く露天風呂(画像は女湯) 乳頭山の麓にある、ブナの原生林に囲まれた江戸時代から続く湯治場。半径50m内に泉質の異なる4つの源泉が湧き湯めぐりを楽しめる。茅葺屋根の本陣や湯小屋の佇まいと乳白色の湯、山深い景観が郷愁を醸し出す。乳頭温泉郷 鶴の湯温泉湯が白く中が見えないので女性も入り易い

乳頭(にゅうとう)温泉郷 鶴(つる)の湯温泉

TEL/0187-46-2139

住所/秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50

営業時間/日帰り入浴10時~15時

定休日/日帰り入浴露天風呂は月入浴不可

料金/日帰り入浴600円

アクセス/東北道盛岡ICより1時間15分

駐車場/30台

「乳頭温泉郷 鶴の湯温泉」の詳細はこちら

19.広河原温泉 間欠泉 湯の華【山形県飯豊町】

湯が吹き上がる楽しさは格別。

広河原温泉 間欠泉 湯の華十数m吹き出すことも。女性はバスタオル着用可(貸出300円、水着不可)

飯森山の麓の未舗装の道を進んだ先にある、日本で唯一の入浴できる間欠泉。吹き出す間隔がまちまちなので、待ちながら入浴し、吹き出した時には思わず歓声が。間欠泉のある混浴露天風呂のほかに男女別の内湯もある。 広河原温泉 間欠泉(かんけつせん) 湯の華(はな)

TEL/050-5534-3431

住所/山形県西置賜郡飯豊町大字広河原字湯ノ沢448-2

営業時間/日帰り入浴10時~16時(営業期間は~11月5日)

定休日/不定(要問合せ)

料金/日帰り入浴大人600円、小学生300円、幼児無料

アクセス/米沢南陽道路米沢北ICより1時間10分

「広河原温泉 間欠泉 湯の華」の詳細はこちら

20.夏油温泉 元湯夏油【岩手県北上市】

川岸に湧く、そのままに浸かる。

夏油温泉 元湯夏油疝気の湯以外の混浴露天風呂には女性専用時間あり

駒ヶ岳の西麓の広大な敷地に、5つの露天風呂と2つの男女別内湯、宿泊棟などがある。露天風呂は全て湯船の中から湯が湧き出しており、内風呂は源泉100%かけ流し。清流の眺めと新鮮な湯、野趣を存分に堪能できる。 夏油温泉 元湯夏油(げとうおんせん もとゆげとう)

TEL/090-5834-5151

住所/岩手県北上市和賀町岩崎新田1-22

営業時間/日帰り入浴10時~15時、食事付き日帰り入浴プラン平日10時~17時、土日祝~15時

定休日/11月11日~5月上旬

料金/日帰り入浴大人600円、3歳~小学生300円、食事付き日帰り入浴プラン3639円~

アクセス/秋田道北上西ICより35分

駐車場/50台

「夏油温泉 元湯夏油」の詳細はこちら

21.酸ヶ湯温泉旅館【青森県青森市】

現代でも叶う、裸の付き合い。

酸ヶ湯温泉旅館ヒバ千人風呂は混浴だが、女性専用時間(8時~9時、宿泊時は20時~21時)もあり

八甲田の主峰大岳の森に包まれた温泉。有名なヒバ千人風呂は、柱が1本もない160畳もの総ヒバ造りの浴場に、「熱湯」、「四分六分の湯」の2つの源泉の異なる浴槽と、源泉を利用したかけ湯の「冷の湯」、うたせ湯の「湯滝」が揃う。ほかに、男女別の小浴場もある。 酸ヶ湯(すかゆ)温泉旅館

TEL/017-738-6400

住所/青森県青森市大字荒川字南荒川山国有林小字酸湯沢50

営業時間/日帰り入浴ヒバ千人風呂(混浴)7時~18時(8時~9時は女性専用時間)、玉の湯(男女別)9時~17時、休憩所9時~15時

料金/日帰り入浴1カ所600円、2カ所1000円(何度でも入浴可、貸タオル付き、休憩所利用可)

アクセス/青森道青森中央ICより40分

駐車場/100台

「酸ヶ湯温泉旅館」の詳細はこちら

22.奥つちゆ 川上温泉【福島県福島市】

立湯や洞窟の浴槽がインパクト大。

奥つちゆ 川上温泉洞窟の奥行きは6m、青森ヒバを使った半分洞窟半分露天の浴槽

土湯温泉から荒川を1kmほど遡った場所にある、湯量が豊富な温泉。深さが1.2mもある立湯と、職人が手掘りで掘った半分洞窟半分露天の珍しい浴槽がある。6つの源泉を持ち、メタけい酸が豊富な内湯や家族風呂を備える。 奥つちゆ 川上(かわかみ)温泉

TEL/024-595-2136

住所/福島県福島市土湯温泉町字川上7

営業時間/日帰り入浴は土~木9時~21時(最終受付20時30分)、金15時~21時

定休日/不定

料金/日帰り入浴2時間大人600円、3歳~小学生300円

アクセス/東北道福島西ICより20分

駐車場/50台

※この記事は2017年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

うにのしゃぶしゃぶにクエのステーキも…。秋冬が旬の贅沢海鮮ランチ5選【関西】
【行ってきた】100回目の栃木・益子の陶器市2017が可愛すぎる!6日まで開催中!
インスタ映え抜群!フォトジェニック旅なら熊本の阿蘇&黒川がおすすめ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。