ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

自動だけど電動ではない! 世界初のバッテリー不要自動歯ブラシ「Be.」がエコ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヘッド部分が動く電動歯ブラシを使っている読者も多いのではないだろうか。従来タイプよりラクに磨けるとあって徐々に浸透しつつある。

しかし、今回紹介するのは自動でヘッドが動くもののバッテリーは不要の歯ブラシ「Be.」。なんと、ボディに付いているダイヤルを回すだけで2分間ヘッドが振動するというエコな歯ブラシだ。

・充電の手間いらず

他の電動歯ブラシと同じように、Be.も手にフィットするよう持つ部分がやや太くなっている。しかしバッテリーは搭載していない。その代わり、ボディの下の方にダイヤルが付いていて、そこを2回フルに回すとヘッドが2分間動くようになっている。

歯磨き粉をつけてダイヤルを回し、ボタンを押す。それだけ。念入りに磨きたいときは再度ダイヤルを回せばいい。

・備長炭で口腔内をきれいに

電気を使わないので充電の手間いらずでエコ、しかもBe.そのものも100%リサイクル可能な素材で作られている。

肝心な性能面では、1回の歯ブラシで約8万回振動し、汚れをきちんと落とすことができるとのこと。使用している備長炭がペーハーバンランスを整え、消臭の役割も果たす。

Be.は現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。今ならBe.本体にトラベルケース、取り替え用ヘッド3本が付いたセットが49ドル(約5500円)からとなっている。すでに調達目標額に達しているので商品化はほぼ確実な情勢。

電動歯ブラシの新規購入や買い替えを検討している人はサイトをのぞいてみてはいかが。出資期限は12月9日。

Be./Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。