ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。

めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。

「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェアは約96%を占めている、福井県・鯖江市。

人口は7万人弱ですが、福井県内で唯一人口が増えているとも言われる街です。鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。

漆器や繊維も盛んで、「ものづくり産業」で発展してきた歴史がありながらも、その伝統をアップデートするべく「RENEW×大日本市鯖江博覧会」のような現代にフィットしたイベントに積極的なのも、鯖江がイキイキしている理由かもしれません。鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。

「市長をやりませんか?」

そんな鯖江市で、「市長をやりませんか?」というキャッチコピーを使い、全国の学生の参加者を募い、活性化策を提案してもらっていたのが「鯖江市地域活性化プランコンテスト」という取り組み。

プロジェクトを簡単に説明すると、参加学生は事前に東京などで勉強会をし、十分に鯖江についてインプットをしてから、2泊3日の鯖江合宿に臨みます。そして、最終日には市長や市民に向けて発表をする、というもの。

こういった企画は他の自治体でも見受けるかもしれませんが、素晴らしいのはこの9月で10周年を迎えた、ということ。単発イベントで終わらなかったのはきっと、鯖江市と学生たちのエネルギーがぶつかりあってきたからではないでしょうか。鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。

そんなエネルギーを込めた
「限定酒」で乾杯したい

この10周年を祝して生まれたのが、数々のコンクールでも受賞している地元・加藤吉平商店の銘酒「梵」の完全オリジナル酒。

「梵(ぼん:BORN)」は、サンスクリット語で「けがれなき清浄、真理をつく」という意味で、英語のボーンは「誕生、創造」も表現しているこのお酒は、まさに伝統とアップデート精神が息づく鯖江にふさわしいものかもしれません。鯖江市のエネルギーを詰め込んだ酒「梵(BORN)」が教えてくれること。左「SABAE LOVE」、右「生命の花」

精米歩合35%の純米大吟醸酒と、精米歩合50%の純米大吟醸酒がブレンドされた「長期氷温熟成酒」。特別に限定でつくられたものです。

ラベルデザインとネーミングは、鯖江と梵を愛するアーティスト、勝屋久氏が担当。

このオリジナル酒が手に入るのは、 Makuakeのクラウドファンディングのみ。すでにプロジェクトはサクセスしていますが、鯖江が好き、鯖江を応援したいという人は、一緒に10周年を乾杯してみては?Licensed material used with permission by Makuake

関連記事リンク(外部サイト)

福井県鯖江市で開催される「RENEW」は、ものづくりを見て、知って、体感するイベントだ。
そばと日本酒が大好きな人へ。
北海道の新しい「お酒」がクラウドファンディングで人気

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。