体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【妄想パリ】2泊5日で5万7500円!モナリザの微笑みを見て微笑み返す。

【妄想パリ】2泊5日で5万7500円!
ロベスピエール、サン・ジュスト「オルガン」、首飾り事件、三部会、テニスコートの誓い、バスティーユ監獄・・・。

どれもフランス革命に関するものだが、僕はこれらをすべてあの作品で憶えた。そう、池田理代子大先生の不朽の名作『ベルサイユのばら』だ。

小学生の時、5つ年上の姉が持っていたものを読み、その面白さにどっぷりと浸かってしまった。その影響を受けたままに成長した僕は、大学でも西洋史を専攻したほどだ。それほどまでに僕に影響を及ぼした作品が『ベルサイユのばら』で、その舞台となったのがフランスなのである。

ベルサイユ宮殿はパリの郊外にあるが、漫画に出てくる多くの舞台はパリ市内にある。これはもうパリに行かない理由はない。

【妄想パリ】格安ツアー2泊5日で5万7500円!
ほかの都市同様、初めて行った町ならぜひ、高いところに上りたい。なぜ高いところに上るのか? それは町を見下ろして、これから行く場所を地図ではなく実際の景色で見つけ、思いを馳せるためだ。もちろん、その逆でも楽しめる。旅の最後に高いところに上り、その町で自分が歩いてきた足跡を実際の景色で眺め、旅を振り返る。

そういう楽しみ方をするにはパリという町はうってつけだ。高層ビルの少ないパリではあるが、歴史ある高層建築物が実に多い。

まずは何といってもパリを代表する高層建築物、エッフェル塔だ。

【妄想パリ】格安ツアー2泊5日で5万7500円!
1889年のパリ万博のために設計・建設された塔で、当時は世界一高い建築物だった。エッフェル塔には3つの展望台があり、そのうち一番高いところにある第3展望台は東京タワーの特別展望台250mを超える276mの位置にある。

エッフェル塔はいまだに大人気で、上るためにはかなりの時間を待たなければいけないらしいのだが、第1展望台と第2展望台にそれぞれあるレストランを予約すれば、専用のエレベーターで待たずに上がれるという話を聞いた。しかも、そこから第3展望台にも上がれるというのだから、これはお得な話だ。エッフェル塔にはぜひお腹を空かせて行ってみよう。

【妄想パリ】格安ツアー2泊5日で5万7500円!
そして、こちらも上っておきたいエトワール凱旋門。世界中にある数々の凱旋門の中でもっとも有名な凱旋門だ。アウステルリッツの戦いに勝利したナポレオンが古代ローマの風習にならって作らせたもので、その高さは50m。234段のらせん階段を使えば上まで登ることができる。さほど高くないように感じられるが高層ビルの少ないパリでは絶景が拝めるらしい。

ちなみに、完全な余談だが、現在は3代目となる大阪の通天閣。初代は凱旋門の上にエッフェル塔の上半分を乗せたような形をしていたらしい。

【妄想パリ】格安ツアー2泊5日で5万7500円!
(C)Shutterstock.com

そして、ディズニーアニメやミュージカルにもなった『ノートルダムの鐘』の舞台、ノートルダム大聖堂にも上っておきたい。物語の主人公・カジモドが眺めたパリの景色を眺め、彼が語りかけたガーゴイルを間近で見る。作品を身近に感じられる瞬間だ。

原作を描いたユゴー。1800年代の作家だから、現代の僕らからするとすごく昔の人で、完全に歴史上の人物。でも、そんな彼も1200年代に作られたノートルダム大聖堂を見て、「昔の人はすごいなぁ」なんて思いながら物語を生み出したに違いない。

さて、どうしたものか?

エッフェル塔、エトワール凱旋門、ノートルダム大聖堂。いったい、どれに上ればいいのだろう。いや、きっとすべてに上るべきだ。だって、見える景色は違うのだから・・・。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。