ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

JAM Project、『JAPAN TOUR 2017~2018 TOKYO DIVE』開幕

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

実力派アニソンシンガーの、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5名で現在活動中のアニソン界のスーパーユニット・JAM Projectが、ニューアルバム『TOKYO DIVE』を引っ提げたライブツアー『JAM Project JAPAN TOUR 2017~2018 TOKYO DIVE』の初日公演を、11月2日(木)に神奈川県・川崎市スポーツ・文化総合センターにて開催した。
11月2日(木)@川崎市スポーツ・文化総合センター (okmusic UP's)

アルバムのジャケットビジュアル、そしてリード曲である「TOKYO DIVE」のミュージックビデオを彷彿とさせるようなカラフルな電飾がステージで輝き、『TOKYO DIVE』のイントロダクション「Spinning Out of Control」が鳴り響く中、バンドメンバーが登場したのち、JAM Project メンバーが登場すると、客席からは大歓声があがり、ペンライトによる一面の赤い光で 埋めつくされた。リード曲「TOKYO DIVE」のイントロが鳴り出すと、予想外の仕掛けとサプライズの演出に オーディエンスは圧倒されながらも、テンションは急上昇。 そして、畳みかけるように、アルバム『TOKYO DIVE』からの新曲たちを次々と披露した。現在放送中のTVアニメ『牙狼〈GARO〉-VANISHING LINE-』のオープニング主題歌 「EMG」では、客席が、一面、金色の牙狼をイメージした黄色のペンライトで染まり上がった。曲間のMCでは、メンバーたちの素顔が見えるトークに、客席も自然と笑顔が溢れ、時折、 笑い声の混ざる歓声が上がる。そんな中、奥井雅美がスタッフからの業務連絡として、きただにひろしに「告知をしてください」という伝言を伝えると、 前半戦で披露したアルバム収録の新曲「勝利の未来‐とき‐」について、歌唱後に、伝えそびれて しまったというエピソードを交えながら、クラウドファンディングで制作された特撮映画である、『HE-LOW』という作品の主題歌となったことが発表され、客席からは拍手と歓声が上がった。ニューアルバムを引っ提げてのツアーではあるが、ライブ鉄板曲ともいえる「VICTORY」「SKILL」などは もちろん、2016年・2015年にリリースされた、話題のタイアップ楽曲「THE HERO!!~怒れる拳に火をつけろ~」「The Brave」なども披露し、期待を裏切ることなく、さらに、新しい JAM Project の姿を見ることができる、今ツアー。ライブ中は、アコースティックコーナー・アンコール・MC を除いて、スマートフォンでの 写真撮影も可能なため、すでに、初日公演に参加したファンによる、新たなJAM Projectの姿がSNS等で話題騒然となっている。

2018年2月17日の日本武道館でのツアーファイナルまでの全11公演は、どの公演も必見のライブとなり、全国各地での公演を心待ちにしているファンの期待は高まっているようだ。
『JAM Project JAPAN TOUR 2017~2018“TOKYO DIVE”』
11月05日(日) 大阪・グランキューブ大阪

11月23日(木・祝) 宮城・トークネットホール仙台(仙台市民会館)

11月25日(土) 北海道・Zepp Sapporo

<2018年>

1月06日(土) 大阪・岸和田市立浪切ホール

1月13日(土) 埼玉・クレアこうのす

1月14日(日) 静岡・三島市民文化会館

1月21日(日) 福岡・福岡国際会議場

2月03日(土) 沖縄・ミュージックタウン音市場

2月11日(日) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール

2月17日(土) 日本武道館
アルバム『TOKYO DIVE』
発売中

LACA-15670/¥3,000+税
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。