ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

真っ黒な紙に火を近づけると文字が出現!新しい形の“あぶり出し”が魔法みたいでおもしろい♩

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
@charlesnypelslab/Instagram本を開くと、何を書いているのかわからない真っ黒なページ。

ライターを近づけてみると…

なんと下から文字が現れてくるのです!

本のタイトルは「紙が燃え始める温度」

オランダの芸術・デザイン・反射のための多目的研究所「Van Eyck Academie」は、とある小説のユニークな発表方法を思いついたのだそう。

Jo Frenkenさん(@charlesnypelslab)がシェアした投稿 – 2017 9月 12 6:27午前 PDT

その小説とは、米・SF小説家のレイ・ブラッドベリによって執筆された『Fahrenheit 451(華氏451度)』。

Books Books Books ♡ Siobhanさん(@thehalcyondaysofsummer)がシェアした投稿 – 2017 10月 29 10:17午前 PDT

「華氏451度」とは摂氏にすると233度ほどで、ちょうど紙が燃え始める温度のことなのだとか。

そこで、フランスのグラフィックデザインチーム「Super Terrain」と協力し、この不思議な仕掛けのある書籍を作り出したのです!

まるで魔法のように文字が出現

デモンストレーション用の書籍を制作した「Super Terrain」は、印字された小説の上に熱感受性インクを使って、黒い層を覆うように印刷したとのこと。

ライターの炎の熱で黒いインクが消えていき、まるで魔法のように文字が現れてきます☆

今後、開発チームは実際に本を販売する計画も立てているのだそう。

SF好きや新しものに目がない方へのプレゼントにぴったりかも!

発売される日が楽しみですね♪

Van Eyck Academie
http://www.janvaneyck.nl/nieuws/

Super Terrain
http://www.superterrain.fr/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。