体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【行ってきた】100回目の栃木・益子の陶器市2017が可愛すぎる!6日まで開催中!

可愛い雑貨が大好きなライター藤井です。

今年も2017年11月2日(木)~11月6日(月)に益子秋の陶器市が行われています。

有名な益子焼が買える陶器市ですが、私は昨年行ってからというもの、その魅力に憑りつかれてしまいました。

「陶器市はどんなに楽しいか全国の人にお伝えしなければ…!特に今年は100回目の記念すべき陶器市」

そんな謎の使命感に駆られて、潜入取材してきました。三連休のおでかけにお悩みの方、必見です!

陶器の魅力って…?

みなさん、陶器といえばどんなイメージでしょうか?お年寄りの使うもの?和食屋さんでみるもの?いえいえ、陶器といえば……

とってもおしゃれで

和食はもちろん(※食品サンプルです)

洋食にも合う万能で魅力的な食器なのです!!(※食品サンプルです)

いざ陶器市(戦場)へ潜入!

秋葉原駅から益子へと向かう直行バスに乗ろうと朝7:00に向かうと、すでにバスを待つ長蛇の列が…!前にも後ろにもまだまだバス待ちの人が…!

7:30のバスに乗りたかったので早く来たつもりでしたが、これでも遅かったみたいです。何便かのバスを見送り、8:20に出発!結構待ちましたが、バスだと直通で行けるのでとっても楽です♪

11:40、現地に到着し陶芸メッセ入口でバスから降りてみると…到着した途端人の波に飲まれました

人、人、人で溢れています!

どうでしょう、この時点でみなさんの想像している陶器市よりも50倍ほどの規模だということがお分かりいただけるでしょうか?

さっそく道にずらりと並ぶ出店を見てみましょう。いいものがお値打ち価格に!

なんとなんと、掘り出し物やアウトレット品がたくさん!そうです、これがなんといっても陶器市第1の魅力「いいものが安く手に入る!!」。作家さんの気に入らなかったものや少し形がいびつなものなどが、通常の半額ほどで手に入ることもあるのです。

素敵な器たちに想いを馳せてください♡

陶器市はとーーーーっても広い範囲で行われているので1日では回りきれませんでした…。しかし!その分1番出店数が多い「エリア1」を徹底的に調査してきました!

オススメする陶器市の楽しい回り方は、想像で料理を乗せてみること!私の妄想調理と合わせて、オススメ作家さん&器たちをご紹介します♪

パステルカラーがかわいい『木のね』

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会