ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いきもの・水野×テナー・ホリエ×秦 基博、SP鼎談!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

いきもの・水野×テナー・ホリエ×秦 基博、SP鼎談!
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。木曜はいきものがかりの水野良樹とお届けしています。11月2日のオンエアでは、ストレイテナーと秦 基博さんのコラボ曲「灯り」が11月15日(水)にリリースされるということで、水野、ストレイテナーのホリエアツシさん、秦 基博さんのスペシャル鼎談の様子をお届けしました。

実は、ストレイテナーがバンドとして共作したのは、今回が初めてだそうです。来年で結成20周年となり、新しいアクションを起こすために、秦さんとコラボレーションをすることにしたそうです。 

水野:秦さんのどういうところが好きですか?
ホリエ:声や曲がすごく素敵。共感するところもすごくあります。
水野:コラボレーションしたいって言われた時、秦さんのリアクションは?
:すっごく嬉しかったです。ストレイテナーの音に対する追求の仕方とか、格好良いって思ってたし。ロックバンドの人たちはポップスに対して、あまり良い印象を抱いていないんじゃないかと、負い目があったりして…でもカテゴリーを超えて良い音楽だと思ってもらえてるんだと思って、嬉しかったです。
ホリエ:20年活動してきて、ポップな感じは素晴らしいって思いました。洋楽志向だけど、日本のポップスから今はすごく影響を受けてます。

と、興味深い話になりました。さらに、曲作りの話に移りました。

水野:二組でコラボするとなった場合、どんなやりとりから始まるんですか?
:「冬のリリースだから冬のラブソング」っていうテーマがあって、メロディーから作ったんだけど二人でスタジオに入ってゼロから作りました。
ホリエ:秦くんがギターで「冬っぽいコード感」を鳴らして、僕はピアノでいく感じで。
:「こんなのはどうですかね?」って、サビのワンフレーズみたいなのを弾いて「それもアリだね」って言いながら。

その後、ホリエさんは帰りの車の中でイメージが次々に膨らんだそうで、翌日にはメロディーが仕上がったそうです! 歌詞も二人でアイデアを出しながら考えたとか。

水野:一人で作っている時とは、全然違う感覚なんですか?
ホリエ:一人で作っている時は、全然こだわってないんだなって思いました。僕は時系列のことは考えずに詞を書いちゃうけど、秦くんが時系列みたいなのを言ってくれて、ここでこういう景色が見えているから、次の展開ではその先にある景色ですよね…っていう感じで言ってくれて。それで「ハッ!」と思って。
:情景描写が多い曲だったから、映像が浮かぶように考えて書いてたんですけど、ホリエさんの「ここにはこういう言葉がくる」っていう直感的なものだったり、音に対してこの言葉っていう…。でもそれはそれで近道というか、メロディーに対してズバっとくる感じは僕にとっても刺激的で、もっと感覚的に書いてもいいのかなって思いました。
水野:相思相愛ですね(笑)。今回のコラボレーションが、次の創作に影響してきます?
:作詞・作曲に関する影響は、もはや出始めてると思うんです。これからどんな風になるかは分からないけど、円の中にドルが入ってきた感じで、自分が構築してきたものの中に、違う何かが入ってきたような刺激でしたね。「ドルも意外と使いやすかったな」という感じで(笑)。
ホリエ:徐々に景色が変わっていくような詞の書き方は、今後、意識するでしょうね。
水野:カテゴリーが交わるといいですね。
:元々はカテゴライズはないはずなのに、どこかで思ってしまって。良いものは良いんです。

と、大いに盛り上がったところで、最後に水野が大きなテーマの質問をしました。

水野:グッドミュージックって、何だと思いますか?
ホリエ:その人にとって良ければいいんじゃないですか?
水野:なるほど! 各々の快感というか、満足というか。
ホリエ:ハードコアが好きな人はハードコアだし、演歌が好きな人にとっては演歌だし。
:「どこかに連れて行ってくれる」っていうのはあるんじゃないかと思っていて。日常が非日常になったり…聴いている人の中の、どこかの世界に行けたりして。そこが音楽の好きなところだったりします。
水野:頷けます…!

3人の鼎談に感心しきりですが、水野はホリエさんと秦さんの声質が似ていることにも感心していて「兄弟かと思った」と言っていました。こうして白熱した鼎談は終わりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】>
番組名:「SONAR MUSIC」>
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時>
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。