ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

任天堂株だけ注目して売買する「任信投資」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
任天堂株だけ注目して売買する「任信投資」とは

自他共に認めるゲームメーカー・任天堂の信者(任信)であるマンガ家・ピョコタン。自ら任天堂株を保有する個人投資家である氏に、任天堂株投資(任信投資)で儲ける極意を聞きました。任天堂株投資はその名の通り任天堂1社だけに注目して株を売買。任天堂の信者だからできる投資法です。

任天堂を強く信じて株を増減させる

任天堂株投資はゲーマーでかつ長年、任天堂信者だった強みを活かした投資法ですね。株価の材料となるハードやソフトの良し悪しを見極めたり、業績を見通したりできるのは信者だからこそ。僕の場合は、最低単元は常に持ちながら、値動きに合わせて株数を増減させています。

もちろん予想に反して株価が下がることもあります。ただ、そんな時も任天堂を信じる気持ちを強く持っているので、動じません。逆に忠誠心を試される場面だし、安く買えるチャンスでもあります。実際、僕はこの投資法でこれまで300万円以上の利益を出しました。

初めて株を買ったのは2005年です。当時、任天堂の株価は13,000円台だったんですが、その時はまだ資金力がなかったので買えませんでした。でも、その後DSが爆発的に売れて株価も73,000円台まで急騰…悔しい思いをしました。

任天堂株を初めて買えたときは大損

結局、任天堂株を初めて買えたのは2011年。3DSが発売されたばかりでしたが、すぐに値下げ発表で暴落。その時は大損しました。ただ、僕は任天堂の力を信じていたので、その後も持ち続けて利益を出すことができたのです。

最近、儲かったのは2016年の『ポケモンGO』ですね。海外で先行リリースされて急騰したんですが、その後日本版リリースのタイミングで急落しました。僕は上がる前から持っていたし、急騰後も買われ過ぎと見て「売り」を入れておいたので、両方で利益を取れました。

任天堂の株が下がれば下がるほど儲かる「売り」はどうなんだろうという自問自答はありました。ただ、僕は常に最低単元は持ち続けているので、その下落分を守るためにということで、マイルールでOKにしています。

下がりそうな局面が難しいところなんです。任天堂を絶対的に信頼している一方で、過信は禁物。常に冷静な視点も必要になります。この投資法は任天堂に限らず、自分の身近な業界や会社であれば誰でも実践できる方法なので、ぜひ試してもらいたいですね。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。