ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

速度違反の狩り場はオーバーパスとアンダーパス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
速度違反の狩り場はオーバーパスとアンダーパス

速度違反を取り締まるネズミ捕りは、警察官が連携する交通取り締まりの1つ。それ以外にも、シートベルトの未装着や携帯電話の使用などの取り締まりも突然、行われたりします。じつは交通取り締まりで狙われる場所はだいたい決まっているもの。なかでもオーバーパスとアンダーパスは注意しましょう。

速度違反をよく取り締まるスポット

速度違反を取り締まるネズミ捕りが行われやすい場所の特徴としては、信号が少なくてついつい飛ばしてしまう道路。加えて、違反車両を停止させて署名をさせるサイン会場が設置できるスペースがある場所になります。

このため、ネズミ捕りがよく出没するスポットとして知られるのが、先が見えにくいカーブや長い橋など。スピードが出やすいだけでなく、停止係やサイン会場を察知されにくいからです。

そんな速度違反で、とくに注意したいのがオーバーパスとアンダーパスです。幹線道路の大きい交差点や交通量の多い交差点にされた陸橋やトンネルのため、ついついスピードを出してしまうスポットになります。

速度違反はネズミ捕りだけではない

しかも、オーバーパスやアンダーパスは見通しがよいといっても、陸橋を下った先やトンネルを上った先にあるサイン会場はドライバーからまったく見えません。このため、ネズミ捕りに狙われやすいのです。

ネズミ捕りでなくても、オーバーパスやアンダーパスは白バイや覆面パトカーによる追尾式の速度違反の取り締まりがよく行われるスポットでもあります。スピードは常に控えめにするのが安全です。

気をつけるのは速度違反だけではありません。オーバーパスやアンダーパスは車線変更禁止の場合も多いので要注意。とくにアンダーパスは車を見下ろせるため、シートベルトの未装着や携帯電話の使用などをチェックすることもあるのです。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。