ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

生マグロがびっくりするほどお手頃!那智勝浦のおすすめスポット4選【和歌山】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
パックはどれも200円

食欲の秋真っ只中!これから冬にかけて旬を迎える海鮮を、ランチでお気軽に楽しみませんか?

和歌山の勝浦漁港は、日本有数の生マグロ水揚げ基地。町では美味しい生マグロをリーズナブルに楽しめる「セルフ直売所」があるんです。市場価格の半額で購入できたり、脂のり抜群のハラミのお刺身が楽しめたり…。さらに、一緒に郷土料理を楽しめるお食事処や、生マグロにぴったりな醤油を購入できるお店もご紹介します!

この秋は海幸ランチで美味しい思い出をつくりましょう♪

記事配信:じゃらんニュース

1. 木下水産物“ 生まぐろセルフ直売所”【和歌山県那智勝浦町】

生マグロ卸売り専門店が自慢の一品を格安で奉仕!

生マグロ艶々した生マグロは旨みが濃い!パックはどれも200円パックはどれも200円もちもちまぐろ量り売 り。100g680円~もちもちまぐろ量り売り。100g680円~お金を料金箱に入れ て購入するセルフスタイ ルお金を料金箱に入れて購入するセルフスタイル木下水産物 “生まぐろセルフ直売所”中落ちや切り落とし、タタキなど種類は日により異なる木下水産物“ 生まぐろセルフ直売所”両替や宅配希望、量り売りなどはインターフォンを鳴らして店員さんを呼ぼう。商品は午前中に売り切れる場合が多いので、開店直後が狙い目

地元常連客や観光客がこぞって訪れる卸問屋の直売所。鮮度良好の生マグロを市場価格の約半額で購入できるとは嬉しいかぎり!パックのほ天然生マグロの量り売り、マグロメンチカツ(冷凍)の販売も 木下水産物“ 生まぐろセルフ直売所”

TEL/0735-52-0071

住所/東牟婁郡那智勝浦町築地8-6-5

営業時間/9時~15時30分(売切次第終了)

定休日/土、祝祭日の前日、火(不定)、12/31~1/3

駐車場/3台 ※発泡スチロール箱の販売もあり、氷は無料で提供

「木下水産物“ 生まぐろセルフ直売所”」の詳細はこちら

2. お食事処 二代目【和歌山県那智勝浦町】

夫婦二人で営む食事処で生マグロと郷土寿司に舌鼓。

二代目定食1400円 (生マグロ刺身、ミニ生マグロ丼、め はり寿司、串カツなどがセット)二代目定食1400円(生マグロ刺身、ミニ生マグロ丼、めはり寿司、串カツなどがセット)お食事処 二代目JR紀伊勝浦駅から徒歩2~3分の近さ

めはり寿司や生マグロなどを提供。生マグロの調理はご主人が担当し、那智勝浦産を中心に一本買いで仕入れ、注文を受けてからさばいてくれる。女将さん手作りのめはり寿司は、握り立てほやほや! お食事処 二代目

TEL/0735-52-1670

住所/東牟婁郡那智勝浦町築地2-2-6

営業時間/11時~20時30分

定休日/不定

駐車場/3台

3. 中秀【和歌山県那智勝浦町】

老舗の自然派醤油を使い生マグロをさらに美味しく。

1パッ ク各200円1パック各200円カジキのみり ん干し(200円)は自家製カジキのみりん干し(200円)は自家製中秀商品を選び、料金箱へお金を入れるシステム。商品が豊富な午前中に訪れて 中秀

生マグロの販売や加工を行う中秀は、那智勝浦町の生マグロセルフ直売所の先駆け店。冬場は脂のり抜群のハラミの刺身がおすすめ。ほか、みりん干しや生利節をチェックして! 中秀(なかひで)

TEL/0735-52-3777

住所/東牟婁郡那智勝浦町朝日1-173-3

営業時間/8時30分~17時(売切次第閉店)

定休日/不定(魚がない場合休み)、1/1~4

駐車場/3台

4. 藤野醤油醸造元【和歌山県・那智勝浦町】

老舗の自然派醤油を使い生マグロをさらに美味しく。

藤野醤油醸造元右から定番の「丸大豆こいくち」300ml378円、「さしみかけしょうゆ」200ml378円、マグロ丼専用の「まぐろ醤」150ml248円 藤野醤油醸造元

大正9(1920)年創業。添加物を使わず、良質な仕込み水と原材料を使い自然発酵させた醤油を作る。生マグロにぴったりなさしみかけしょうゆや、まぐろ醤を購入して家でも楽しもう。 藤野醤油醸造元

TEL/0735-52-0277

住所/東牟婁郡那智勝浦町天満1573

営業時間/8時~17時(12時~13時は昼休み)

定休日/日・祝

駐車場/あり

「藤野醤油醸造元」の詳細はこちら

※この記事は2017年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

カップルのデートにおすすめ!熊本の阿蘇&黒川で手作り体験おでかけ!
なばなの里イルミネーション2018はこうなる!期間&見どころを紹介☆【三重】
コスパ最強!松阪牛が味わえる話題のグルメスポット【三重】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。