体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京の大自然溢れる絶景スポット10選

東京都は実は南に長~く伸びています。亜熱帯の島々には手付かずの自然と深い藍色の海が広がっています。ビルの林立する都心と同じ東京都とはとても思えない絶景の数々、また実は都心にもあった絶景など、一度は見ておきたい景色をご紹介します。

 

*編集部追記
2015年11月の記事に新たに3選追記しました。(2017/11/3)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

東京の絶景スポットに行ってみての感想

photo by pixta

世界的な大都市として知られる東京ですが、秘境と呼ばれる青ヶ島や奥多摩湖など、実はたくさんの絶景スポットがあります。東京での街遊びに飽きたという方にこそ、是非とも絶景スポット巡りがおすすめ!都市とは違った新たな東京の側面に触れることで、ますますその魅力にハマっていきます。

 

東京の絶景スポットは比較的簡単に行ける場所もあれば、飛行機や船などを使わなければ行くのが難しい場所もあります。とりあえず週末を利用して行きたいなら、等々力渓谷や奥多摩湖などがおすすめ!美しい自然と触れ合うことで、日々の疲れを大きく軽減できますよ♪

 

おすすめのベストスポット

photo by pixta

私がおすすめするのは、奥多摩山域でも有名な滝の一つ・百尋ノ滝です。新緑や紅葉の隠れスポットでもあるので、季節の変わり目に行くのが良いでしょう。私は紅葉の季節に行ったので、木々の葉のきれいな色の移り変わりを楽しめました。

 

落差約40m、水量豊かで迫力のある滝は、マイナスイオンたっぷりであなたを癒してくれるはず。トレッキングがてら行けば、週末のリフレッシュになり、ストレスフリーになること間違い無しです!
他におすすめの記事はこちらです
❐これって本当に東京…?太平洋に浮かぶ楽園「小笠原諸島」3泊4日の弾丸旅
❐東京できれいな夜景を楽しめるスポット23選

 

*編集部追記(2017/11/3)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

小笠原諸島

1024px-Minamijima

photo by しんかわな

15420208077_8673b9239c_b

photo by ★Kumiko★

東京の竹芝桟橋から船で25時間、1,000km行ったところに小笠原諸島の父島があります。小笠原諸島に人が住んでいるのは父島と母島だけで、古くは無人島でした。

航海の途中立ち寄った人々がBonin Islands(ボニン・アイランズ)つまりムジン・シマと呼び、今も父島などの小笠原群島の英語名として使われています。

周辺の海のbonin blueと言われる深い青や、南島の扇池のエメラルド色などここでしか見られないものです。
■詳細情報
・名称:小笠原諸島
・住所:東京都小笠原村父島
・アクセス:東京港竹芝桟橋から定期船「おがさわら丸」(25時間30分)で父島二見港。就航はほぼ1週間に1便、ピークシーズンには3日に1便。東京港竹芝客船ターミナル午前10時出港、父島の二見港に翌日午前11時30分到着。詳しくは小笠原海運ホームページ(http://www.ogasawarakaiun.co.jp)
・電話番号:04998-2-2587(小笠原村観光協会)
・公式サイトURL:http://www.ogasawaramura.com/

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。