体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなにスリムに!?前代未聞の“たいやきの開き”を作ったお店「ともえ庵」

こんなにスリムに!? 前代未聞の「たいやきの開き」を作ったお店
誰でも一度は口にしたことがあるたい焼き。肌寒い季節にホカホカのたい焼きで小腹を満たしたことがある方も多いのでは。そんなたい焼きが進化中! 魚の“鯛”だけに、それを開いて干物のようにした「たいやきの開き」を作ったお店が登場しました。

こんなにスリムに!? 前代未聞の「たいやきの開き」を作ったお店

たい焼きの皮好きが高じて商品化!

こんなにスリムに!? 前代未聞の「たいやきの開き」を作ったお店
“羽根付きたい焼き”や“白いたい焼き”、生地の厚い“ふっくらたい焼き”、カスタードや芋餡を使った“変わり種たい焼き”など、数々のブームを起こしてきたたい焼き! このたい焼き業界に革命を起こす!? ともいわれる衝撃的なたい焼きが10月4日に発売されました。その名も「たいやきの開き」。せっかく作ったたい焼きを、魚の干物のように開いたというから驚きです! 

こんなにスリムに!? 前代未聞の「たいやきの開き」を作ったお店
「たいやきの開き」を新発売した店は、JR阿佐ヶ谷駅の南口から続く商店街パールセンターの中ほどにある「ともえ庵」。この店の主は、スタッフも驚愕するほどの“たい焼き馬鹿”との噂も!? 京都出身の主(社長)には、上京したときにおいしくて驚いたものが3つあり、ひとつはアナゴの寿司、ふたつめは練りがらし付けてでいただくトンカツ、最後がたい焼き。しかもたい焼きの「皮」が大好物とのこと。2011年に独学でたい焼き屋を開店した当初から、皮をメインにした商品を世に送り出したい想いがあったのだとか。

天然もののやけどするほど熱いたい焼きが変身する

こんなにスリムに!? 前代未聞の「たいやきの開き」を作ったお店
たい焼きには俗に天然ものと養殖ものがあり、天然ものは、ハシなどと呼ばれる金型で1匹ずつ焼かれるタイプ。養殖ものは、鉄板で5~6匹まとめて焼くタイプです。「ともえ庵」の「たいやき」150円は前者の天然もの、一丁焼きで職人が丹精込めて1匹ずつ焼き上げます。

こんなにスリムに!? 前代未聞の「たいやきの開き」を作ったお店
「まぁ~、食べてみてください」とは主。あ、あ、アツい! 本当にやけどするぐらい熱いのでご注意を。パリッと音が響くほどの薄い皮の中からは、小豆が生きてるようなみずみずしい粒餡が顔をのぞかせます。出来立てのたい焼きがこんなにもおいしいとは! “開き”の取材に来たことを忘れさせるほどのお味です。

この出来立てのおいしさを最高の状態で提供したいとの思いから、たい焼きは20分ほど経つとやむなく破棄してしまいます。多いときには1日100匹にもなるこれらを活用できないかと、試行錯誤のうえ辿り着いたのが「たいやきの開き」350円というわけ。

次はいよいよ「たいやきの開き」とご対面!

たい焼きが直径20㎝・厚さ5mmのパリッパリの大判煎餅に!

こんなにスリムに!? 前代未聞の「たいやきの開き」を作ったお店
「実は、夏前には大体完成していたんだけどね。夏は売れないでしょ、たい焼き・・・」。ごもっともです! 経営戦略的に、あえて秋まで待って売り出された「たいやきの開き」。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会