体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NY Issue : Interview with Mas Ysa

NeoL_MAS_YSA| Photography : Diego Garcia

エモーショナルな歌声とサウンドでクラブシーンの注目を集めていたMas Ysa。事故によって音楽活動を中断していた彼が、この9月に2年ぶりとなるEPをリリースした。MVには大学時代の朋友であるレナ・ダナムも出演し、新たな門出をサポートしている。よりフィジカルに、力強く変化した彼の音楽について聞いた。

——9月にEPが出たばかりですよね。おめでとうございます。早速聴きました。

Mas Ysa「ありがとう。9月8日に発売したばかりなんだ」

——EPのミュージック・ビデオに出ていたレナ・ダナムはあなたと同じ学校の出身ですが、その時からの付き合いですか。

Mas Ysa「うん、彼女は学生の頃から知っているよ」

——その頃のあなたはどういう学生でしたか。

Mas Ysa「学校では、課題用の作品とパーソナルな音楽の二つを両立することが必要だったけど、個人的な音楽を優先していた。学校のための音楽を作る時もパーソナルな作品とどういう風に結合できるかを常に考えていたから、自分らしい作品しか作らなかった」

——学生時代の一番良かった思い出と最悪な思い出は?

Mas Ysa 「最悪な思い出は、多分記憶が飛んでいたから思い出せない。一番よかった思い出は、友達のMichael Beharieに出会えたことかな。彼はこのEPや他の作品にも協力してくれた。出会った日のことや一緒に過ごした夕方のことは、今でもよく覚えている。初めて会ったとき、彼は長い髪をポニーテールにしていた。その日に、とても大切な友情が始まったんだ」

——学生時代の仲間との関係がこうやって今も続いてるのはとても素敵ですが、NYではわりとそういう長い付き合いをしているアーティストが多いのでしょうか。それとも自分たちがスペシャルだと思いますか。

Mas Ysa「アート・コミュニティーの中での繋がりはとても大切だと思っているよ。みんながどうかはわからないけど、僕は大家族で育ったから繋がりというものを大切にする。エクアドル側の親戚もフレンチ・カナダ側の親戚のどちらも賑やかだったからか、グループにいる方が居心地も良いし、より良い仕事ができる気がする。NYに辿り着いたのも友人についてきたからで、実はNYのアートシーンや音楽業界については全く知らなかったし、土地感覚もなかったんだ。クリエイティヴな友達の多くがNYにいたから、なんとなく自分も来てみようかなって思って」

——なるほど。事故にあって音楽活動を一度中断していましたが、それは今回のEPにどんな影響を与えましたか?

Mas Ysa「今でもたまに目眩がするし、光をあまり直視できないからサングラスをよくしているし、眩しいステージでパフォーマンスすることも難しいから前みたいにツアーすることもできない。でも、事故後はツアーや売り上げ、クラブシーンなんかをあまり意識しなくなったから、長いアルバムではなく短いEPを出してみたり、パンクっぽいラフな曲を作ってみたり、自分が本当にやりたいことをもっと自由にできるようもなった。今は素面だけど、以前作った音楽にはお酒やドラッグに関する内容がたくさんあった。今回のリリースでそういうのも最後かな。ずっとツアーとパーティーばっかりの生活に飽きたんだ。先ほど聞かれた大学時代の一番最悪な思い出を忘れてしまった理由も酔いつぶれていたからだし、もうそういうライフスタイルは嫌なんだ。でも、パーティーしまくっていた時期に書いた曲の記憶を完全に隠したり埋めてしまうのも違うかなと思って、事故をきっかけに最後に出し切ろうと最新のEPをリリースしたんだ」

——元々のエレクトリックな音楽もエモーショナルですが、今回はさらにフィジカルな手触りがして、MVからも生命の躍動を感じることが多かったです。.

Mas Ysa「交通事故後、ライヴ・パフォーマンスをすることが難しくなってからは、回復するためにウルグアイで家族と過ごす時間をたくさんとったんだ。そしたら、クラブでの盛り上がりを意識した曲作りが減った。サオパウロで育ったからノリのいいダンスミュージックの影響は今でも受けているし、前に作っていたクラブミュージックでもエモーショナルな歌い方をしていたけど、当時の音楽はクラブの客を踊らせるという役割が大きかった。特にライヴ・パフォーマンスのときはね。でも今は34歳だし、クラブ中心の生活じゃなくなったから、正直、そういうのがどうでもよくなってしまった。クラブのためじゃない音楽を作り始めてからは、もっといろんなテンポやムードの音楽で研究できるようになった。『エモーショナルな曲だね』といろんな人に言われるんだけど、それは僕が曲を意図的にデザインしていないからかもしれない。エレクトロニック・ミュージックはグラフィック・デザインとよく比べられるし、他のアーティストは『ただ自分が聴きたいと思う音楽を作っている』ってよく言うよね。昔はこういう発言が本当に鬱陶しくて嫌いだったけど、今はクールだなと思っている。今思うと、自分がそういう音楽作りをできないのが悔しくて、できる人が羨ましかったのかもしれない。僕は聴く人の体験を意識した音楽を作るのが苦手で、自分が体験したことに対しての気持ちを発散して、落ち着いて処理するために音楽を作ることが多いんだ。数年後経ってから振り返った時に、やっと自分の曲の意味に気がつくことも多い。これからはもっとプロフェッショナルに『こういう曲が作りたい!』と思い描いた曲を作れるようになりたい。『ブリトニー・スピアーズの“Toxic”にエミルー・ハリスのスチールギターを合わせて、“Despacito”みたいなキックが入った曲を聴きたい』って感じで細かく考える人もいるよね。僕はそういう作業をしたことがなくて、どらちかというと偶然できてしまったような曲が多い。自分らしさが出るからそれも大好きだけど、次の課題としては、聴く側の体験をもっと意識した音楽を作ってみたいと思ってるよ」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。