体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイで”おにぎり”は売れるのか?「タイ国際航空の学生アンバサダー」として実際に握ってみた

タイで”おにぎり”は売れるのか?「タイ国際航空の学生アンバサダー」として実際に握ってみた

こんにちは!TABIPPOで一番おにぎりが好きなザキ(@KazumaHanazaki)です!

この夏、タイ国際航空さんが主催していた、「タイ国際航空 学生アンバサダーキャンペーン」という企画に応募したところ、なんとアンバサダーの6人に選んで頂きました!

 

タイ国際航空 学生アンバサダーとは?

“今の学生が海外旅行に興味ないなんて誰が決めたの?学生だってみんな同じじゃないし、興味だって人それぞれ。海外旅行は自分の経験を積む大きなチャンスだし、異国、異文化を感じてみたい!”

そんな若者の思いをかなえるために、若い世代が海外旅行を通して、様々な経験を積み、学ぶことをサポートしたいというタイ国際航空の思いから企画されました。

まず、アンバサダーの選考方法は?

今年は、100名を超える応募から動画審査と面接を経て関東・関西で6名の学生アンバサダーが選ばれました。

まず、動画審査では、応募者が「タイ国際航空学生アンバサダーに就任したら何がしたいか」をマニフェストとして約1分の動画にまとめ投稿します。

そして、応募した人の中から、厳正な審査のうえファイナリストを決定し、最終選考の面接を経て、タイ国際航空学生アンバサダーを決定します。

僕のマニフェストはというと…

気になる僕のマニュフェストは、ずばり!これです!「Made in Thailandの新しいオリジナルなおにぎりを作る!」

実は、僕自身、おにぎりが大好きなんです!おにぎりが大好きなあまり、去年大学を休学し「おにぎり握って世界一周」というテーマで約8ヶ月間、世界中でおにぎりを握りながら旅していたことすらあります。

アメリカ・タイムズスクエアにて

実はその旅の途中にタイに訪れたことがあり、「思い出の地であるタイで大好きな”おにぎり”を握って”おにぎり”が広まったら最高だな!」という思いから上記のマニフェストを達成するためにアンバサダーに応募しました。

 

6人のアンバサダーに選出!

photo by kazuma hanazaki

プレゼン審査を経て、6人のアンバサダーのうちの一人に選出して頂きました。

7/31には選出された僕以外の5名も一堂に会し、このタイ国際航空 学生アンバサダー企画の任命式が行われました。なんとこの任命式では、英語で書かれた任命書とアンバサダーの名刺も用意されていました。

photo by kazuma hanazaki

アンバサダーの活動として、まずは、タイ国際航空に関する基本的な知識や歴史の勉強をしました。

そしてタイの文化や簡単なタイ語会話。また、現地でのフィールドワーク時の様子を伝えるSNSの配信方法のコツや、ブログ記事を制作する際のSEO対策のノウハウなど、幅広く活動を伝えるための知恵を学ばせて頂きました!

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会