ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Bentham ライヴレポート】『Re: Wonder TOUR 2017』2017年10月21日 at 赤坂BLITZ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 7月にリリースした1stフルアルバム『Re: Wonder』を引っ提げ、全国17カ所を回った『Re: Wonder TOUR 2017』が赤坂BLITZでツアーファイナルを迎えた。Benthamにとって、これまで最大規模のワンマン公演となった2時間の熱演をレポート。
 (okmusic UP's)

 『Re: Wonder』の曲を中心に、この日演奏した全19曲は、以前の“踊れるロック”がもはや幅広いレパートリーのひとつでしかないことを改めて印象付けた。辻 怜次(Ba)と鈴木 敬(Dr)が奏でるソリッドなリズムが演奏をリードする「Heartbreaker」のような力強い曲が増える一方で、須田原生(Gu)がピアノを奏でる曲も「夜明けの歌」に「Sunny」が加わり、長尺のセットにさらにアクセントが生まれた。その2曲と「戸惑いは週末の朝に」のようなじっくり聴かせる曲も実はBenthamの持ち味。

“今回のツアーで感じたこととか、思ったこととか、今日1日かけてぶつけていきたい”と語った小関竜矢(Vo&Gu)は短いMCを挟みながら曲に込めた想いをはっきりとした言葉でも伝えるようになった。また、これまで終盤にやっていたコール&レスポンスを序盤に持ってきたことからも、彼らが積極的に観客を巻き込もうとしていることが伝わり、会場の規模は大きくなったが、逆にバンドとファンの距離は縮まったように思う。この日、“あなたのために存在するバンドになりたい”と小関は語ったが、その想いは今回のツアーでさらに強いものになったようだ。インプロからなだれこんだ「透明シミュレーション」から演奏は一気に加速。“一緒に踊ろうぜ”と小関が訴えかけた本編最後の「パブリック」では観客の合唱が響き渡った。“もっとデカいところを埋めようぜ。このままでは終われない、負けられない。このまま突き進んで、どこまで行ってやるぜ!”という小関の宣言は、ツアーファイナルを新たなスタートに変えたのだった。
取材:山口智男
セットリスト
1.サテライト
2.手の鳴る方へ
3.Heartbreaker
4.タイムオーバー
5.センチメンタル
6.HEY!!
7.ファンファーレ
8.戸惑いは週末の朝に
9.夜明けの歌
10.Sunny
11.透明シミュレーション
12.White
13.クレイジーガール
14.Chicago
15.パブリック
<ENCORE>
1.僕から君へ
2.激しい雨
3.クラクション・ラヴ
Bentham
ベンサム:2010年結成。16年4月に初ワンマンとして代官山UNITにてフリーライヴを開催することを発表すると、キャパシティーの10倍となる約5,000人から応募が殺到。同年7月の4th EP『ExP』リリースに伴い、9月から全国10カ所におよぶ初のワンマンツアーを敢行し、ファイナルの恵比寿LIQUIDROOMでは700人を動員と大盛況をおさめる。17年4月12日にシングル「激しい雨/ファンファーレ」でメジャーデビューを果たした。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。