ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【美味いッ!】わざわざ食べに行きたい!関東の「ご当地ラーメン」10麺

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ゆばラーメン

今やご当地グルメとしても人気が高いラーメン。そこで今回は関東エリアから選りすぐりのご当地麺をピックアップしました!どこもわざわざ食べに行きたくなる人気のお店ばかり!食欲の秋は、「これぞローカル!」な一杯を食べに、各地を巡ってみよう!

記事配信:じゃらんニュース

1.佐野ラーメン【栃木県佐野市】

最大の特徴は青竹を用いた手打ち麺。水分を多く含んだ平打ち縮れ麺で、つるっとした食感がクセになる。スープはあっさりした醤油味。

青竹手打ちラーメン 麺屋ようすけ

子連れもくつろげる本格派。

青竹手打ちラーメン 麺屋ようすけラーメン 626円。スープのコク深さが魅力。鶏と豚のガラに、牛スジなどを加えたダシが味に深みを出す

ツルシコ麺を飛躍させる牛・豚・鶏の三獣スープ。

2012年にオープンし、着々とファンを増やしている人気店。店主は佐野ラーメンの実力店で修業したのち、独立。広い店内には座敷席もあり、ファミリー層も安心。入口の横には製麺室も。青竹手打ちラーメン 麺屋ようすけここに注目!毎日、朝と夕方の2回、店主が打つ青竹打ちの麺。コシを出すため事前に麺を熟成させる

青竹手打ちラーメン 麺屋ようすけ

TEL/0283-85-9221

住所/栃木県佐野市田島町232

営業時間/11時~14時30分、17時~21時、土日祝は11時~21時(各LO、麺・スープがなくなり次第終了)

定休日/火(祝日の場合は翌日)

アクセス/東北道佐野藤岡ICより10分

駐車場/50台

「青竹手打ちラーメン 麺屋ようすけ」の詳細はこちら

麺家ゐをり

女性も入りやすいオシャレ店。

麺家ゐをり醤油ラーメン 630円。麺は、北海道産をメインに、3種類の小麦粉をブレンドしたツルツルモチモチの食感が楽しめる

ツルモチ食感の手打ち麺と滋味深い醤油スープ。

オープン10年目を迎えた実力店。提供するラーメンは、市が認定する“佐野ブランド”の一つに名を連ねる。女性も気軽に立ち寄れるおしゃれな雰囲気になっており、デザートなども充実。麺家ゐをりここに注目!鶏ガラをベースに魚介を加えた滋味深いスープ。タレにはヒゲタ醤油の最高級品を用いる

麺家ゐをり

TEL/0283-21-1131

住所/栃木県佐野市植下町1089

営業時間/11時30分~15時00分、17時30分~21時、土日祝11時30分~21時(各LO)

定休日/月(祝日の場合は翌日)

アクセス/東北道佐野藤岡ICより5分

駐車場/9台

「麺家ゐをり」の詳細はこちら

2.勝浦タンタン麺【千葉県勝浦市】

ゴマではなく、醤油をベースにラー油を大量に合わせたスープが特徴。みじん切りのタマネギと豚ひき肉がトッピングされることが多い。

ファミリーレストラン こだま

ご当地の味を今に伝える老舗。

ファミリーレストラン こだまタンタンメン 700円。辛さ強めのベーシックな一杯。スープにはニンニクも効かせており、コクのある味わいに

辛いだけじゃない!タマネギの味わいにハマる。

1965年に創業した老舗。約40年前に勝浦タンタンメンが誕生した当初から提供している店の一つで、変わらぬ味に多くのファンが通う。刺身やポークソテーなど定食メニューも豊富。ファミリーレストラン こだまここに注目!細かく刻んだタマネギがうま味と甘みをスープに加え、辛さの奥に深さを感じさせる

ファミリーレストラン こだま

TEL/0470-76-1063

住所/千葉県勝浦市鵜原831

営業時間/10時30分~15時、17時~20時、土日祝10時30分~20時、水10時30分~15時(LO各10分前)

定休日/木

アクセス/圏央道市原鶴舞ICより40分

駐車場/12台

「ファミリーレストラン こだま」の詳細はこちら

元祖勝浦式担々麺 江ざわ

3代続くご当地ラーメンの顔。

元祖勝浦式担々麺 江ざわ担々麺 800円。コシの強い中細麺と合わせるのは、自家製ラー油が注がれたうま味の強い醤油ベーススープ

辛さの中でうま味が光る千葉が誇るタンタンメン。

初代店主が1954年に創業し、現在は2代目・3代目が店を切り盛りする勝浦タンタンメンの元祖とされる店。真っ赤に染まったスープは刺激的な辛さがありながらも、コクのある一杯だ。元祖勝浦式担々麺 江ざわここに注目!スープにはタマネギと豚ひき肉が浮かぶ。具材をとろりと煮込み、甘味を引き出している

元祖勝浦式担々麺 江ざわ

TEL/090-4410-5798

住所/千葉県勝浦市白井久保296-8

営業時間/11時30分~18時(スープがなくなり次第終了)

定休日/月、臨時休業あり

アクセス/圏央道市原鶴舞ICより35分

駐車場/10台

3.竹岡式ラーメン【千葉県富津市】

スープは、チャーシューを煮込んだ醤油ダレを湯で割るだけという独特なスタイル。肉のうま味がスープに溶け込むガツンとした一杯。

梅乃家

竹岡式を半世紀守る老舗。

梅乃家ラーメン 800円。肉のうま味がつまったスープはまろやかかつコク深い。チャーシューの食感も口当たりなめらか

一度食べたらハマるチャーシューダシスープ

全国からファンが集まる、創業60年を超えた老舗。スープの味の決め手となるチャーシューを煮込む醤油や、トッピングにのせる海苔には、地元・富津産を使用するのもこだわりだ。梅乃家ここに注目!濃厚な醤油スープに合わせるのは、生麺ではなく乾麺。コシもありスープとの相性も抜群

梅乃家(うめのや)

TEL/0439-67-0920

住所/千葉県富津市竹岡410

営業時間/10時~19時、土日祝10時~18時(各LO) ※食材がなくなり次第終了

定休日/火水、不定

アクセス/館山道富津竹岡ICより3分

駐車場/20台

「梅乃家」の詳細はこちら

4.ホワイトガウラーメン【千葉県袖ヶ浦市】

酪農が盛んな袖ケ浦市の特産品である牛乳を用いた白いスープが特徴。溶かしたクリームチーズがスープにまろやかなコクを加えている。

大衆中華 ホサナ

新たな牛乳ラーメンを考案。

大衆中華 ホサナホワイトガウラーメン 648円。麺は縮れの中太卵麺。トッピングはトロトロに煮込んだ分厚い豚バラ肉と青ネギのみとシンプルに

コクと香りが後を引くやさしくクリーミーな味。

“ロバのラーメン屋”という愛称で親しまれる中華レストラン。2011年に袖ケ浦で開かれた「袖-1グランプリ」で店主が考案した牛乳ベースの創作麺が優勝し、地元のご当地ラーメンとなった。大衆中華 ホサナここに注目!スープは鶏と豚のガラから取ったダシと牛乳。ショウガで牛乳のくせを抑えて食べやすく

大衆中華 ホサナ

TEL/0438-63-4378

住所/千葉県袖ケ浦市蔵波台2-23-23

営業時間/11時30分~14時30分、17時~22時(各LO)

定休日/日

アクセス/館山道姉崎袖ヶ浦ICより20分

駐車場/4台

「大衆中華 ホサナ」の詳細はこちら

5.スタミナラーメン【茨城県水戸市】

レバーやニラなどのスタミナ食材が入った熱々のあんがかかる醤油ベースのラーメン。甘辛く味付けされたとろみの強いあんがクセに。

茨城スタミナラーメン総本家 松五郎

スタミナラーメンの総本家。

茨城スタミナラーメン総本家 松五郎スタミナラーメン 750円。スープはカツオなど魚介をベースに豚骨で取ったダシをプラスした食べやすいバランス系

一度食べたら病みつきに!激熱甘辛なあんかけ麺。

先代店主が昭和40年代に考案したローカル麺の古豪。現在は2代目が味を守る。半玉50円で麺の量を増やせて、4玉以上食べると店内に写真が飾られる。最高は10玉食べた猛者も。茨城スタミナラーメン総本家 松五郎ここに注目!カボチャ、キャベツ、ニンジン、ニラと、大ぶりのレバーが入る甘辛いあんが味の決め手

茨城スタミナラーメン総本家 松五郎

TEL/029-221-9598

住所/茨城県水戸市上水戸3-3-25

営業時間/11時~14時30分、17時30分~21時(LO各10分前)

定休日/月、第3火(祝日の場合は翌日)

アクセス/常磐道水戸ICより15分

駐車場/5台

6.八王子ラーメン【東京都八王子市】

刻んだタマネギをスープに浮かべた醤油ラーメン。タマネギは薬味ではなく、具として扱うのが地元流。店によってダシなどは異なる。

中華そば 吾衛門

刻みタマネギを愛する個性派トッピング。

八王子ラーメンチャーシューメン 800円。豚骨と魚介をベースにした醤油スープはバランスのいい味わい。チャーシューも食べ応え満点だ

スープを覆う真の主役、口に広がるタマネギの個性。

1994年にオープンしたエリアを代表する店。スープや麺、具材には国産食材をできるだけ用いるようこだわる。細ストレートの麺は歯切れ良く、口当たりのいいスープとの相性も良好だ。八王子ラーメンここに注目!タマネギの刻むサイズを変えて食感に変化を。追加で「玉ねぎ多め」(50円)がオススメ

中華そば 吾衛門(ごえもん)

TEL/042-663-6861

住所/東京都八王子市千人町3-3-3

営業時間/11時~17時、土11時~18時30分 ※材料がなくなり次第終了

定休日/日祝

アクセス/中央道八王子ICより12分

駐車場/なし ※近隣駐車場を利用

「中華そば 吾衛門」の詳細はこちら

7.ゆばラーメン【栃木県日光市】

日光の特産品・ゆばを使ったラーメン。トッピングに用いられることが多く、ゆばの調理方法、ラーメンの味などは店によってさまざま。

旭屋本店

創業100年超!日光の味を支える食堂。

ゆばラーメン特製ゆばラーメン 1200円。スープは鶏ガラをベースにしたやさしい味わい。豚ロースのハムや煮玉子などトッピングも充実

高級食材を大胆アレンジ、日光名物を気軽に食べる。

明治36(1903)年創業の老舗お食事処。日光名物であるゆば料理のほか、手打ちで作られたそばなどが味わえる。店の1階ではお菓子や工芸品などのお土産も販売している。ゆばラーメンここに注目!肉と野菜のミンチを巻いたゆば揚げ。蒸してから揚げるなど作り方にも一手間かけている

旭屋本店

TEL/0288-54-0674

住所/栃木県日光市松原町10-2

営業時間/11時30分~15時30分(LO15時)

定休日/不定

アクセス/日光宇都宮道路日光ICより3分

駐車場/5台

8.夕顔ラーメン【栃木県栃木市】

栃木の特産品・かんぴょうの原料である夕顔の実を粉末にして、小麦粉と混ぜ合わせて作った特製の“夕顔麺”を使うラーメン。

ふくや食堂

さまざまな夕顔ラーメンが。

夕顔ラーメン夕顔(醤油)ラーメン 600円。あっさりとした醤油スープに浮かぶ夕顔ラーメンの麺は、食感が良くツルツルでのど越しもいい

麺も具もかんぴょう!ラーメンなのにヘルシー。

「蔵の街」を冠する街にある老舗中華料理店。定番の醤油ラーメンをはじめ、タンメン(650円)や担々麺(800円)などの麺メニューが豊富で、全て夕顔を使用した特製麺を使っている。夕顔ラーメンここに注目!トッピングには特産品のかんぴょうも。シコシコとした食感で、メンマとはまた違った味わい

ふくや食堂

TEL/0282-22-3887

住所/栃木県栃木市旭町25-3

営業時間/11時30分~15時、17時~20時(各LO)

定休日/水

アクセス/東北道栃木ICより8分

駐車場/3台

9.豆腐ラーメン【埼玉県さいたま市】

醤油をベースにした和風の豆腐あんかけラーメン。やさしい味わいが特徴で、甘じょっぱく仕上げた豆腐のやわらかな食感がクセに。

レストラン大手門

意外な場所にある元祖の味。

レストラン大手門豆腐ラーメン 600円。スープは鶏ガラと豚の背ガラがベース。上にかけたあんを溶かしながら食べると美味

やさしい味わいの和風あんかけ麺。

元々、結婚式場だった市民会館内にあるレストラン。40年以上前にまかない料理として豆腐ラーメンを考案した元祖の店とされ、近年、テレビ番組でも取り上げられ大ブレイクした。レストラン大手門ここに注目!醤油スープと同じダシを使って作るあんには、豆腐を1杯につき1丁弱使っている

レストラン大手門

TEL/048-758-1122

住所/埼玉県さいたま市岩槻区太田3-1-1/市民会館いわつき1階

営業時間/11時~18時(LO17時40分)

定休日/月

アクセス/東北道岩槻ICより4分

駐車場/26台 ※施設共用

「レストラン大手門」の詳細はこちら

10.三崎まぐろラーメン【神奈川県三浦市】

港町・三崎で古くから食べられていたローカルグルメで、マグロダシをメインにしたスープに中華風のまぐろあん、水菜、白髪ねぎをのせたラーメン。

中華料理 牡丹

地元で愛される漁師町の中華料理店。

中華料理 牡丹三崎まぐろラーメン 850円。スープは鶏ガラと野菜のダシと、マグロのダシをブレンドして、まろやかで甘い味わいに

マグロの風味絶品魚介系ラーメンの新提案。

創業から約70年を迎えた老舗中華料理店。炭火焼きチャーシューやシューマイといった中華の定番メニューのほか、三崎名物のマグロや地元でとれた海産物を使った創作中華も魅力だ。中華料理 牡丹ここに注目!上にのせたマグロのサイコロは、尾の身を使用。ほろほろと崩れる食感で食べ応えも十分

中華料理 牡丹(ぼたん)

TEL/046-881-3420

住所/神奈川県三浦市三崎3-4-10

営業時間/11時30分~15時、17時~21時、土日祝11時30分~21時(各LO)

定休日/木

アクセス/三浦縦貫道路林ICより21分

駐車場/4台

「中華料理 牡丹」の詳細はこちら

※この記事は2017年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

1度行ったら次も絶対行きたくなる!初心者向け『益子秋の陶器市』攻略法!
IKEA長久手・2017年10月名古屋近郊にオープン!オススメはコレ!【愛知】
海女漁の雰囲気を体感!新鮮な魚介を満喫♪伊勢志摩のおすすめ海女小屋【三重】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。