体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャビアで有名なチョウザメをやりすぎなほど食べられる?「びふか温泉」に行ってみた【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20170903084719j:plain

世界三大珍味のキャビア。

チョウザメの卵ですが、

北海道の美深町は、マチをあげてチョウザメの養殖に力を入れているのです。

これってもしかして。

キャビアをガッツリ食べられるってことじゃないですか?

そんな軽い気持ちで行ってみると……。

キャビアどころか、

チョウザメの刺身に、蒸篭(せいろ)に、お寿司まで!

「びふか温泉」がとんでもないことになっていました。

チョウザメのマチに行ってきた

f:id:mesitsu_lc:20170902172036j:plain

札幌から高速に乗って3時間以上。

移動距離、220キロ。

そんなに車を走らせても食べたいものがあると行ってしまう。

メシ通レポーターの裸電球です。

だって、キャビア食べられるっていうんですよ!

それも自家製の。

なんでも、チョウザメを養殖しているんですって。

すごい! そんなマチがあるとは!

f:id:mesitsu_lc:20170902172100j:plain

東京で考えると、

距離的には上諏訪に行くよりもちょっと遠いくらいでしょうか。

ちなみに稚内はさらにここから先。

北海道は本当に広いです。

やってきたのは美深町。

人口4,500人ほどの自然豊かなマチです。

温泉やキャンプ場などがある、

「びふかアイランド」が目的地!

本当にここにいるの?

f:id:mesitsu_lc:20170905141615j:plain

このパークに行けば、

チョウザメを「見る」、そして「食べる」ができると!

パッと見た感じ、

チョウザメがいるとは思えない、のんびりとした雰囲気です。

f:id:mesitsu_lc:20170903084158j:plain

食べられるのは「びふか温泉」なのですが、

まだ夕食にはちょっと時間があるので。

おっかなびっくり行っちゃいますか?

パーク内にある「チョウザメ館」に。

皆さんは見たことありますか?

私は初めて。

なかなかチョウザメを見学する機会なんてないですよね。

f:id:mesitsu_lc:20170903083444j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。