ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

1度行ったら次も絶対行きたくなる!初心者向け『益子秋の陶器市』攻略法!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
色とりどりに並べられた益子焼の器たち

2017年11月2日(木)~11月6日(月)の期間、栃木県益子にて毎年恒例の秋の陶器市が開催されます。歴史ある益子の陶器市は今年で記念すべき100回目!

陶器市って地味そうだし、お年寄りが行くものじゃないの?行っても楽しみ方がわからないし…なんて思っていませんか?そんな考えは損!!実は陶器市は誰もが楽しめる魅力にあふれているんですよ。

この記事では陶器市初心者さんへ向けて攻略法を伝授します♪

全力で陶器市を楽しむために準備をしましょう!

記事配信:じゃらんニュース

記念すべき第100回!益子秋の陶器市

益子の陶器市は今回で第100回

例年、春のゴールデンウィークと秋の11月3日前後に開催される益子の陶器市。1966年から始まり、今年でなんと100回目を迎えます。そんな記念すべき100回目は、特別なイベントも盛りだくさん!

実は今、陶器作家さんも購入者も、若い人が増えていることをご存じですか?古き良きぬくもりと、現代風にアレンジされた陶器の魅力が若者の間でじわじわと広まっているんです…!オシャレに並べられる陶器たちも…

押さえておきたい5つのポイント

陶器市へ行くにあたって、チェックしておきたいポイントを5つにわけてご紹介。これを見ておけばまず間違いはありません!

1.交通手段を事前にチェックすべし!

陶器市に行ったらたくさんお買いものをしたい!そんな人は車で行こうと考えていないでしょうか?実は、陶器市に行くにあたって気を付けたいのは渋滞…。全国から車でやってくる人がたくさんいます。

そこでじゃらんがオススメするのは益子直行バス!

11月3日(金・祝)~5日(日)の陶器市開催期間限定で秋葉原駅と宇都宮駅から益子駅まで直行のバスが出ています。これはぜひとも利用したい!

電車を乗り継いで行こうと考えている人は、真岡鐵道を利用しましょう。秋葉原駅と宇都宮駅から直行バスが特別に運行します!

2.迷ったらとりあえず「共販センターテント村」に行けば間違いない!

益子陶器市は、みなさんが予想しているであろう50倍ほどの規模です。様々なエリアに分かれて約500ものテントが立ち並びます。

道端にもずらーーっとテントが並びます いろいろありすぎて、どこに行けばいいかわからない~~!という人には「共販センターテント村」がオススメ!70もの店舗が所狭しと並んでいます…!

共販センターテント村は陶器市最大の販売エリアです。70店舗ほどが集まっているここに行けば、まず買いたいものが見つかるはず!

まずは、作家テントがかたまる「テント村」を目印に回ってみましょう。たくさんのテントが並ぶ様子は圧巻ですよ♪

3.ご当地グルメを楽しむべし!

たくさん歩くとお腹は空くし、のども渇くはず。

そんなときは周りにある屋台を利用してみましょう。

益子名物のB級グルメや益子焼のマグカップでコーヒーを楽しめちゃうんです!

せっかく益子に行くなら、ご当地メニューを楽しまなきゃ損ですよね♪

4.便利グッズを用意すべし!

陶器市を回る際にあると便利なのがキャリーバッグ!

焼き物は重みがあるため、たくさん買いたいという人はキャリーバッグを持っていくと持ち歩きが便利なんだとか!

また、事前に公式ホームページから益子陶器市マップを印刷して持っていくとスムーズに会場を回れるかもしれませんね◎地図は公式サイトからダウンロード出来ます

5.100回記念イベントを目一杯活用すべし!

11月2日は、第100回を記念したセレモニーが開催されます。益子市出身の井上咲楽さんがゲスト出演されたり、先着200名様に益子焼が無料配布されたりと豪華な特典も!

また、ぜひチェックしてほしいのが各テント村での特典やイベントです!割引が行われたりプレゼントがもらえたりと、100回を記念したお得なイベントが盛りだくさんなんです♪

各テント村で特典は違うので、公式サイトから発行されているQRコードでチェックしてみてくださいね!

■まとめ

この記事を読んでおけばもう安心!

魅力たっぷりな陶器市があなたを待っています。

陶器のほかにも、ご当地グルメやオシャレな花屋さんなどたくさんの店舗が出店しているので、興味のない人でも楽しめるはず!ぜひおでかけしてみてくださいね♪ 第100回益子秋の陶器市

TEL/0285-70-1120

住所/栃木県芳賀郡益子町 町内各所

営業時間/9:00~17:00(4日のみ17:00~20:00ナイトマーケットあり)

アクセス/車:東北自動車道栃木都賀JCT→北関東自動車道真岡IC→ 国道294号線、または121号線で益子まで。ICより約25分。常磐自動車道友部JCT→北関東自動車道桜川筑西IC→県道41号線で益子まで。ICより約20分。

電車:東北本線(JR宇都宮線)のご利用・・・宇都宮線(または宇都宮線直通湘南新宿ライン)で小山駅まで。小山で水戸線に乗換え下館駅まで約26分。下館で真岡鐵道に乗換え約45分で益子駅着。

駐車場/各所に有料、無料パーキングエリアあり(公式サイトから確認出来ます)

「第100回益子秋の陶器市」の詳細はこちら

※この記事は2017年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

IKEA長久手・2017年10月名古屋近郊にオープン!オススメはコレ!【愛知】
海女漁の雰囲気を体感!新鮮な魚介を満喫♪伊勢志摩のおすすめ海女小屋【三重】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。