体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【商店街調査】昭和にタイムスリップ!? 「谷中銀座商店街」は昔ながらの下町商店街

【商店街調査】昭和にタイムスリップ!? 「谷中銀座商店街」は昔ながらの下町商店街

東京都台東区にある「谷中銀座商店街」。夕日の名所である「夕やけだんだん」と呼ばれる階段が有名で、どこか懐かしい雰囲気のこの商店街は、映画やドラマの舞台としてもよく使われる。そんな谷中銀座商店街のことを、普段利用している人たちはどう思っているのだろうか? ユーザー100人にアンケート調査を行い、そのホンネを聞いた。

谷中銀座といえばメンチ&猫!? 地元の人も観光客も大勢でにぎわう商店街

日暮里駅から歩いて数分の場所に、谷中銀座商店街はある。昭和20年ごろに誕生したこの商店街は、全長170mとそこまで長くはないが、およそ70もの店舗が軒を連ねている。個人商店も多く、“昔ながら”の懐かしい雰囲気が残るこの商店街。ユーザーたちはどんなところが好きなのだろうか。

●好きなところ(複数回答)

1位:美味しいお店がある(42.0%)

2位:活気がある、雰囲気がよい(40.0%)

3位:自分の好きなお店がいくつかある(38.0%)

4位:安いお店がある(36.0%)

4位:個人経営のお店がある(36.0%)

6位:商店街の長さがちょうどいい(34.0%)

7位:お店の種類・数が豊富(28.0%)

8位:お店の人と会話しやすい雰囲気がある(27.0%)

9位:混雑度がちょうどいい(25.0%)

10位:お店の人が気さくに話しかけてくれる(24.0%)

4割以上の票を獲得し、1位になったのは「美味しいお店がある」の項目。周辺住民の生活に寄り添う商店街では活気やコストパフォーマンスはもちろんだが、“味”という点も重要なポイントと言えるだろう。実際に訪れた際、コロッケやメンチ、焼き鳥などのお総菜も多く販売されており、あちらこちらに魅力的なものが見受けられ目移りしてしまった……。

僅差で2位になったのは「活気がある、雰囲気がよい」の項目。この項目は、ほかにフリーコメントでも詳しく聞いているので、紹介しよう。

「昔のこの商店街は地元の人の台所という感じでにぎわっていましたが、最近は各地からの観光客であふれている」(56歳・男性)

「とてもレトロでノスタルジックな感じでよい」(37歳・男性)

「遅くなると社会人が多くなり、飲み会など活気のある感じで、気取らずに過ごせる雰囲気」(37歳・女性)

「地元の人から高齢者、若い世代まで多様な世代が行き来していて、懐かしさと活気がある」(35歳・女性)

「小さいお店が無数にあり、ちょっとした小道にもお店が隠れていたりして、探索する楽しみがある」(45歳・男性)

「猫好きにはたまらない商店街。猫グッズがたくさん売っている」(51歳・男性)

最近では、地元の人だけでなく外国人観光客にも人気のようで、取材当日も多くの人でにぎわっていたが、休日には1万人前後の人が訪れるというから驚きだ。

次いで、3位にランクインしたのは「自分の好きなお店がいくつかある」だった。この項目についても、フリーコメントでよく行くお店を聞いてみた。

【肉のサトー(精肉・総菜)】

「谷中メンチや谷中コロッケがおいしい」(44歳・男性)

「谷中メンチが大好き!」(45歳・女性)

【丸初福島商店(貝類・川魚)】

「貝類の専門店は珍しい」(54歳・男性)

「お酒のアテに生ガキやあん肝などを買います」(38歳・女性)

【やなかしっぽや(焼き菓子)】

「甥っ子や姪っ子が商品(猫のしっぽをモチーフにした焼ドーナツ)の形が好きなのでよく買う」(40歳・男性)

「かわいいだけじゃなくて、おいしい」(51歳・男性)

【谷中銀座 招き屋(焼き菓子)】

「福にゃん焼きが好きなので」(36歳・男性)

【肉のすずき(総菜)】

「ここのメンチカツは絶品。おみやげにしてもよし」(35歳・男性)写真/PIXTA

写真/PIXTA

お総菜のなかでも、メンチカツやコロッケを買いによく行くというユーザーは多い様子。食べ歩きにもちょうどいいし、夕飯のおかずやちょっと小腹が空いたときにもピッタリなので、つい通ってしまうのも納得だ。また、商店街の雰囲気のコメントにもあったように猫をモチーフにした商品も多く人気。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会