体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「絶対に行きたい!」日本の紅葉スポットを、絶景を知り尽くす詩歩さんに聞いてみました!

「絶対に行きたい!」日本の紅葉スポットを、絶景を知り尽くす詩歩さんに聞いてみました!
ここのところ、涼しい日々が続き、秋も深まってきました。秋といえば「紅葉」。赤黄色と色鮮やかに景色を染める季節もすぐそこ。寒くなるのは寂しいけれども、年に一度しか見れない紅葉の季節は待ち遠しいもの。

今回は、Facebook「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」ページで70万以上のファンを持つ人気の絶景プロデューサー詩歩(しほ)さんに、日本国内の紅葉が素晴らしいオススメ絶景と、紅葉を綺麗に撮るためのポイントや、旅のファッションについて伺ってきました。

日本国内のオススメの紅葉ポイントは?

絶景は日本国内にもいっぱいあるもの。様々な場所で絶景を見てきた詩歩さんは、この度「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 新日本編」という新刊を出版しました。今回は本に載っている絶景から、秋に訪れてほしい紅葉の美しい場所を教えていただきました。

・祖父江(そぶえ)のイチョウ(愛知県)

「絶対に行きたい!」日本の紅葉スポットを、絶景を知り尽くす詩歩さんに聞いてみました!
愛知県の稲沢市にある祖父江は、銀杏(ぎんなん)生産量が日本一という町なんです。そもそもの始まりは、防風や防火のためにイチョウが植えられたものなのですが、町内には約1万本ものイチョウの木が植えられています。秋になると町中が真っ黄色に染まって、とても美しい景色を見せてくれます。イチョウ並木やイチョウの木は日本中にもあちこちにありますが、祖父江のように家と家の間を縫うようにイチョウの木があり、町全体が黄色に染まる場所はとても珍しいのではないでしょうか。期間限定ですが、夜には1万本以上のイチョウのライトアップもされます。

・那谷(なた)寺(石川県)

「絶対に行きたい!」日本の紅葉スポットを、絶景を知り尽くす詩歩さんに聞いてみました!
那谷寺は、石川県小松市にある717年に創建された歴史あるお寺です。ミシュラングリーンガイドで1つ星を取ったこともあるこのお寺の見所は、奇岩遊仙境や岩壁に囲まれた中に建つ本殿です。まさに自然の中にあるお寺という雰囲気で、秋になるとお寺の周りを植えらえた木々たちが彩り、雄大な自然と相成った美しい風景を見せてくれます。ちょっと足を伸ばして霊峰白山の紅葉を見に行くのもオススメです。近くには山代温泉などの有名な温泉街もあるので、パワースポットでエネルギーを蓄えて、温泉で癒されてというのもいいですね。

・篠栗九大(ささぐりきゅうだい)の森(福岡県)

「絶対に行きたい!」日本の紅葉スポットを、絶景を知り尽くす詩歩さんに聞いてみました!
篠栗九大の森は、福岡県の九州大学の演習林の敷地内にある森です。本の中で紹介している「水辺の森」には、ラクウショウという大きな木が池の中からニョキニョキと生えていて、その様子が幻想的だと話題になりました。円錐型の幹が、池の水面に反射して映る様子が、「まるでジブリの映画の世界のよう」とも言われているんですよ。木々が池に反射する様子は朝のみしか見れないので、稀少な風景になっています。敷地内には他にも様々な木々が映えているので、秋にはお散歩をしながら紅葉を楽しめると思います。

・瑠璃光院(るりこういん)(京都府)

「絶対に行きたい!」日本の紅葉スポットを、絶景を知り尽くす詩歩さんに聞いてみました!
京都の東部、比叡山山麓の八瀬エリアにある瑠璃光院は、書院のピカピカに磨かれた床や、机に庭の赤もみじが映り込む姿が美しいと言われている場所です。いわゆる、リフレクションと言われる現象ですが、ことの外日本人はこのリフレクションが好きなようで、紅葉の季節になるとこの写真を撮るために本当にたくさんの人たちが瑠璃光院を訪れます。この美しい庭は「瑠璃の庭」と言われ、瑠璃色に輝く浄土の世界を表しているのだそう。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。