ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【シド ライヴレポート】『SID TOUR 2017 「NOMAD」』2017年10月27日 at 東京国際フォーラム ホールA

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 4人が真っ白な衣装で姿を表すと東京国際フォーラムは大歓声に沸いた。3年半振りのオリジナルアルバム『NOMAD』を携えて各地ソールドアウト続出の全国ホールツアーの折り返し地点。ライヴは“再会”をテーマにしたスケール感たっぷりの「NOMAD」で幕を開けた。
 (okmusic UP's)

 スリリングに絡み合うスキルの高いプレイとマオの艶っぽいヴォーカルが心地良く溶けていくフュージョン色の強いナンバー「KILL TIME」やアルバムの中で最も深遠で実験的なミドルバラード「低温」では、研ぎ澄まされた演奏に惜しみない拍手が送られ、TVアニメ『将国のアルタイル』のオープニング主題歌「螺旋のユメ」や劇場版『黒執事Book of the Atlantic』の主題歌「硝子の瞳」では、数々のアニメのタイアップ曲に起用されてきたシドのキャッチーで情感あふれるメロディーが全開。懐かしいナンバーも織り混ぜつつ、過去にとらわれない自由な発想で作り上げた最新作『NOMAD』からの曲が本編ではがっつり披露され、改めてシドが大きなホールをすっぽり包みこむ度量のあるバンドだと痛感させられた。

 ステージの空気感やMCからもシドが来年の15周年に向けてひとつに結束していることが伝わってきた。“最近、ギターを弾くのが楽しくて仕方ない”と嬉しそうだったShinji(Gu)、“俺たちだけで作り上げた『NOMAD』がみんなのモノになってる”とツアー中の実感を伝えたゆうや(Dr)、“ここにいる5,000人の気持ちをステージにバンバン届けてほしい”と煽った明希(Ba)、“バンドが急成長しているのを感じる”と話し、最後は“帰りたくない”と名残惜しそうだったマオ(Vo)。ラストはアルバムの最後を飾る名曲「普通の奇跡」。ファンへの感謝とメッセージを込めた曲が次なる再会の約束のように響いてきた。
撮影:西槇太一/取材:山本弘子
シド
シド:2003年結成。08年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。10年の東京ドーム公演では4万人を動員。結成10周年となった13年には初のベストアルバム『SID 10th Anniversary BEST』をリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライヴを開催し、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。14年には香港、台湾を含む全国ツアーも開催。16年1月、シングルベストアルバム 『SID ALL SINGLES BEST』を発表。17年1月には約1年振りのシングルとなる劇場版『黒執事Book of the Atlantic』主題歌「硝子の瞳」をリリースした。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。