ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

トヨタが提案する「車の新しいカタチ」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

トヨタが提案する「車の新しいカタチ」とは
J-WAVEで放送中の番組「GROOVE LINE」(ナビゲーター:ピストン西沢)。東京ビッグサイトで11月5日(日)まで開催中の「東京モーターショー2017」の魅力を伝えるコーナー「MOTOR SHOW MANIA」を、10月30日(月)から11月2日(木)までの4日間お届けします。初日となる30日は、トヨタのブースを紹介しました!

トヨタは、新たにスローガン「START YOUR IMPOSSIBLE」を発表しています。これには、トヨタが自動車メーカーとしてだけではなく、様々な社会貢献も含めて日本を応援していきたいという、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを意識したメッセージが込められいるそうです。

例えば未来のモビリティ像として、普通に車を運転するだけではなく、車いすユーザーの方々にも目を向け、安全で快適で簡単に移動できるような乗り物も提案。また、東京オリンピック・パラリンピックを意識した展示もあり、その中にはすでに走行している車が2種類展示されています。

1つは「燃料電池バス」。このバスはすでに何台か納車されており、2020年に向けて100台以上が走行することを目指しているのだそう。非常にスタイリッシュなデザインながらも、ステップが低いなど、いろいろな人が乗りやすい仕様になっていることのこと。

もう1つは、「ジャパンタクシー」です。このタクシーは横に開くスライドドアで背の高い仕様になっています。日本ではセダンタイプのタクシーが多く走っていますが、「ロンドンやニューヨークのタクシーのように街のイメージになるようなタクシーを作りたい」との思いで作られ、すでに試乗会も行われているそうです。

父親の仕事の関係で幼い頃からモーターショーを見てきたという西沢は、今回のモーターショーが過渡期にあると話します。「トヨタのブースを見れば分かるんですが、今回、ガソリンを使う車、電気と併用したハイブリッドカー、水素で走るような燃料電池の車、全部展示されているんです。なんで全部あるかっていうと、この先どの燃料を使用していくのかまだわからないから」と西沢。

さらにトヨタは、自動運転車や、ドライバーを理解して安全を担保するAIを搭載した未来の車も発表。この車を見て、西沢は「これが新しい車のカタチなんだな」と思ったそう。「トヨタは『ドライバーと車はチームメイトなんだ』という“チームメイトコンセプト”を提唱していて、ドライバーが一方的に車に助けてもらうだけではなく、車が苦手なことはドライバーが助けるという『人と車が助け合い新しい世界を創る』というコンセプトを実感できた」と話していました。

車の新しいカタチを体験できる「TOKYO MOTOR SHOW 2017」。この機会に会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GROOVE LINE」
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。