体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旨いカキの焼き方も伝授!新鮮なカキを味わえるおすすめスポット4選【関西近郊・中国】

旨いカキの焼き方も伝授!新鮮なカキを味わえるおすすめスポット4選【関西近郊・中国】 カキ

食欲の秋真っ只中!これから冬にかけて旬を迎える海鮮を、ランチでお気軽に楽しみませんか?

これから旬を迎えるカキは、その場で豪快に焼いて食べ放題で楽しめるカキ小屋がオススメ。自分でカキの身をふっくら焼き上げたら、アツアツのまま頬張りましょう♪今回は更に、アヒージョやカキカレー、佃煮なども食べられたり、白ワインと優雅に楽しんだりできるスポットも紹介します。エンタメ感あふれる食べ方にも、口の中に広がる海の幸の旨みにも笑顔あふれること間違いなし!

この秋は海幸ランチで楽しい&美味しい思い出をつくりましょう♪

記事配信:じゃらんニュース

1. 島田水産のかき小屋【広島県廿日市市】

鮮度抜群の宮島産カキを生産現場で思う存分に!

300年以上の歴史を誇るカキ養殖場直営店。原生林が茂る宮島周辺で育つカキは、豊富な栄養分に恵まれ、旨み濃厚!セルフ形式の炭火焼きガキ食べ放題のほか、別注料理もバラエティ豊か。

本当に旨い!カキの焼き方を伝授

\お店の方に教えてもらいました!/

カキの焼き方 カキの焼き方

1. 殻の平らな面を下にして並べる。

どちらの面を下にするかは産地や店によって違う。ココではまず平らな面を下にして余分な水分を落とす。

1. 殻の平らな面を下にして並べる。

2. 2~3分たったらひっくり返す。

カキの上下を反対にし、今度は殻に丸みのある方を下にして。殻が熱くなっているので、軍手やトングを使おう。

2. 2~3分たったらひっくり返す。

3. フタをかぶせて蒸し焼きに。

身がふっくらと仕上がる。カキは焼いていると中の圧力の加減で殻が爆発することがあるので、その防止にも。

フタをかぶせて蒸し焼きに。

4. 片側の殻を外して焼く。

約5分後、カキ剥きナイフを殻の隙間から入れて貝柱を切り離し、殻を1枚だけ外してもう少し焼こう。

片側の殻を外して焼く。

5. さらに待つこと1~2分。身がキツネ色になったらOK!

身詰まりがいいので焼いても縮まず、ぷっくり膨らむ。表面が少し色づいてきたら、香ばしさも加わり食べ時!

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。