ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

風光ル梟 クラウン先輩アイドルへ「勝ちにいきます」 目標の武道館に向け、まず23区制覇

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
風光ル梟 クラウン先輩アイドルへ「勝ちにいきます」 目標の武道館に向け、まず23区制覇

 猛禽系5人組ダンス・アイドルユニット 風光ル梟(カゼヒカルフクロウ)が、10月29日 キュイジーヌ!上野店にて【東京都23区制覇ライブ達成式】を開催。オフィシャルパートナーアーティストを務める人気ゲームアプリ『ジョーカー ~ギャングロード~』ゲームと漫画内に、メンバーがキャラクターとして登場することが発表された。

風光ル梟イベント写真(5枚)

 ミニアルバム『風光ル梟』(11月22日発売)でメジャーデビューを果たす風光ル梟は、10月末日までに都内23区でライブを行い、合計2,300人のファンからの寄せ書きが集められた暁には、『ジョーカー ~ギャングロード~』のゲームと漫画内に、風光ル梟メンバーがキャラクターとして登場できるミッションが課せられていた。

 8月5日 港区・東京アイドル劇場からスタートし、10月29日 中央区・BIGECHO 八重洲口店でのイベントで23区ライブは達成したものの、ファンからの寄せ書きは500人分という結果となり、寄せ書きが2,300人に達するまで継続して集めていくことを条件に、ゲームへのメンバー登場決定が発表された。

 この日のイベントで、MC平賀哲雄から「メジャーデビューをする日本クラウンには、PASSPO☆、predia、そしてBiSの2度目のメジャーデビューも決まっていて、アイドルの先輩が沢山いますが、その中で風光ル梟の出し抜き方みたいなのって考えていたりしますか?」と訊かれ、プレーイングプロデューサーのMisakiが「そうですね、どこよりもフレッシュなんで絶対それは負けないと思うんでこの若さで乗り切ります。はい、勝ちにいきます。(猛禽類は)生態系の頂点にいますから。やっぱりアイドル界で頂点に立ってもらわないと困ります。」とコメント。

 また、今後の目標について、山崎カノンは「私たち風光ル梟は2年以内に武道館に立つことを目標に活動しているので11月22日にリリースされるミニアルバム『風光ル梟』で武道館に立つ第一歩を皆さんと踏み出したいと思います。」と意気込みを語った。

 ミニライブでは、「梟伝説」「翼 -TSUBASA-」の2曲を歌唱披露。「翼 -TSUBASA-」について、植木美心は「悩んでる人や、落ち込んでる人に聴いてもらいたい曲だと思っています。そんなことがあっても蹴り飛ばしちゃえ、という曲です。」とコメントした。

 なお、「翼 -TSUBASA-」はTBS系『有田ジェネレーション』11月度エンディングテーマ、テレビ東京『東京アイドル戦線』11月度オープニングレコメンドソング、tvk『ミュートマ2』11月木曜エンディングテーマ、ニコニコ生放送『オーイシ×加藤の ニコ生☆音楽王』11月エンディングテーマに決定。リリースイベントも続々決定しているので、あわせてチェックしてみてほしい。

◎リリース情報
アルバム『風光ル梟』
2017/11/22 RELEASE
<Type-A(CD+DVD)> CRCP-40532 2,315円(tax out.)
<Type-B(CD)> CRCP-40533 1,852円(tax out.)

・リリース記念 ミニライブ&予約者/購入者限定特典会
11月11日(土)12:00~ タワーレコード渋谷店
11月18日(土)13:00~ タワーレコード グランツリー武蔵小杉店
11月18日(土)17:00~ タワーレコード池袋 6F
11月19日(日)13:00~ HMVイオンモール浦和美園
11月23日(木)12:00~ イオンモール 羽生 専門店街1階:西コート
11月24日(金)18:00~ ニコニコ本社 B2F イベントスペース
11月25日(土)16:00~/18:00~ 新星堂サンシャインアルタ店
http://www.crownrecord.co.jp/artist/kazehikarufukurou/whats.html

撮影:Jumpei Yamada

関連記事リンク(外部サイト)

猛禽系アイドル 風光ル梟 メジャーデビュー作より「翼」MV公開
猛禽系5人組ダンス・アイドルユニット“風光ル梟” 東京都内23区制覇ライブ開催
猛禽系アイドル 風光ル梟、11月にメジャーデビュー! 人気ゲームアプリ『ジョーカー ~ギャングロード~』公式サポートアーティスト決定も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。