体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだ夏を終わらせない!「エアアジア」で今からでも行けるアジアの美しいビーチ4選

まだ夏を終わらせない!「エアアジア」で今からでも行けるアジアの美しいビーチ4選

TABIPPOの小泉翔です(@ShoKoizumi)です。

あっという間に夏の季節が終わり、寒い季節になってきた今日この頃…。しかし、まだ夏を終わらせたくない!夏を存分に楽しめていない!という方々におすすめなのが、弾丸で行くアジアンリゾートの旅。

エアアジアを使えばアジア中のビーチリゾートを、安い価格のフライトで、とても便利に旅することが可能です!

ぜひ実際にエアアジアのサイトで、今日ご紹介するビーチリゾートへの航空券を検索してみてください。

まだ夏を終わらせない!「エアアジア」で今からでも行けるアジアの美しいビーチ4選
おすすめの記事はこちらです
エアアジアで弾丸旅行!東南アジアのナイトライフを週末で楽しむ方法
エアアジアでグルメを巡る旅へ!絶対に食べておきたい魅惑のアジア料理とは・・・

 

直行便就航で今大注目のバリ島!

Photo by shutterstock

まず東南アジアのビーチリゾートとして最も注目すべきなのが、バリ島。実は2017年5月に、エアアジアの東京-バリ島の直行便が就航したばかりなのです!

このバリ島へのエアアジア便、なんと日取りによっては片道12,000円ほどで買えてしまうんです!航空券がこれだけ安く抑えられれば弾丸での旅行も、ちょっとホテルを贅沢なところにアップグレードすることも可能ですよね!

今、多くの旅好きたちがこのエアアジア直行便を利用して訪れている、大人気のスポットです。
▼エアアジアでの日本からの行き方
成田国際航空 – ングラ・ライ国際空港  (約7.2時間)
*直行便が就航!

 

世界的人気を誇るタイ最大の島、プーケット

Photo by shutterstock

東京からのエアアジア便が就航しているバンコクのドンムアン空港から乗り換えて、わずか約1時間半で到着するのが、、タイ有数のビーチリゾート、プーケット島です。

プーケットはタイ最大の島であり、ドンムアン空港からエアアジアの国内線はなんと約5,000円という便利さ。

ぜひタイを訪れた時には、バンコクだけでなくプーケットまで足を伸ばしてみてください!
▼エアアジアでの日本からの行き方
成田国際航空 – ドンムアン空港(約6.5時間)
ドンムアン空港 – プーケット国際空港(約1.5時間)

 

太古の森とエメラルドの海に囲まれたランカウイ島

Photo by shutterstock

マレーシアの首都、クアラルンプールから1時間、こちらもエアアジアの便でスイスイいけるオススメの島、ランカウイ島。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。