体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国人コラムニストの食×テクノロジー理論がジワジワ来る【焼餃子=日本のイノベーション】

f:id:Meshi2_Writer:20170926233238j:plain

マイクロ出版社、ferment booksの(よ)です。

突然ですが皆さん、下記の式の意味、わかりますか? 焼餃子 = 日本のイノベーション 中華料理 ≠ 中国料理 日本食 = 和食 +(洋食+中華料理) 和食 = 日本食 -(洋食+中華料理) 洋食 + 中華料理 = 日本食 - 和食 iPhone : Androidスマホ = ラーメン : サンドイッチ

どうでしょう?

きっと、わかるような、わからないような……ですよね。

たぶん、式だけでは、かなりだと思います。

この謎を解明するため、上記の理論をとなえている中国人コラムニストの徐航明(じょ・こうめい)さんを紹介しましょう。

中国・西安市出身の徐さんは、90年代末に来日、会社員として勤務しながら、新興国発のイノベーション、そして中国や日本など異文化の比較研究を行うコラムニストとして活躍しています(中国語、日本語、英語の三カ国語で執筆)。

日本では『リバース・イノベーション2.0』(CCCメディアハウス刊)の著書があるほか、「日経テクノロジー online」では、コラム【技術者のカフェタイム 食文化とハイテク】を連載中。

f:id:Meshi2_Writer:20170926233912j:plain

▲徐さんの著書『リバース・イノベーション2.0』(CCCメディアハウス刊)と、論文『ラーメン文化の商品化と食ビジネスの循環進化プロセス』、そして中国の雑誌に掲載された中国語のコラム

なかでも非常に興味深いのは、技術系中国人コラムニストならではの視点から繰り出される食文化論。日本と中国の食をテクノロジー業界の目線で分析したコラムには、ジワジワ来る不思議な面白さを感じます。

それでは、さっそく徐さんの話を聞いてみましょう。

焼餃子=日本のイノベーション?

「焼餃子は日本のイノベーションである」なんて、なんだか大げさな感じもしますが、徐さんの話を聞いていると「やっぱり餃子ってすごいんだ!」と素直に思えてくるから不思議です。

徐さんが「焼餃子は日本のイノベーションである」と考えるようになったきっかけは、日本人の友だちに手づくりの水餃子をふるまった体験でした。

f:id:Meshi2_Writer:20170926234702j:plain

▲徐さんが自宅で手づくりした水餃子(写真提供:徐航明)

徐氏:90年代末に来日してすぐの頃、自宅に招待した日本人の友だちのために、水餃子を作りました。もちろん皮も手づくりですよ。友だちを喜ばせようと熟考し、具はニラと卵にしました。それを食べた友人は「皮がモチモチの食感でおいしい!」と絶賛してくれましたが、当時の私は「こだわりの具ではなく、なぜごく普通の皮をほめるんだろう?」と、とても不思議に思ったんです。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。