体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語を話すために知っておきたい、英語と日本語の9つの違いと勉強法

ご存知の方も多いとは思いますが、英語と日本語は色々な点で違いがあります。発音、文法、表現など…。

勉強すればするほど、英語と日本語は全くの別言語なんだなぁと思い知らされます。この記事では、英語を話すために特に知っておきたい、英語と日本語の違いについてご紹介します。
 
*編集部追記(2016/02/03)
2015年に公開した記事に新たに加筆しました。
2016年2月に更新された記事に、新たに加筆しました。(2017/11/1)
 

英語と日本語の違いを勉強する時のアドバイス

「英語を話す」練習はスポーツに似ていると思います。とにかく大切なことは間違ってもトライし続けること。間違った箇所は後で復習しておきましょう。

ところで、スポーツでも当てはまりますが、「英語を話す」前にはルール(英文法)を学ぶ必要があります。「英語を話す」練習をする前に、英文法を一通りマスターすることをおすすめします。

 

おすすめの勉強法

英語は日本語にはない音があります。まず、そのような音をきちんと発音できるようにしましょう。残念ながら、きちんと発音できない音を聞き取ることはできません。

うまく発音できるようになると、リスニング能力も大きく伸びるはず! 発音を練習できる本を使って、繰り返し練習してみましょう。

 

1.英語には敬語がない

上司

Photo by Shutterstock

日本語には尊敬語・謙譲語・丁寧語がありますが、英語にそのような表現はありません。

“would”や”could”などを使って丁寧な言葉遣いをすることは可能ですが、目上の人に使う特別な表現や、自分をへりくだる表現は存在しないのです。

いくら年が離れていても、ニックネームやファーストネームで呼ばれるのを好む人が多いなど、英語を話す人はフランクな表現を好む傾向があるように感じます。

過去に筆者が10歳年上のカナダ人と会った際、「10歳も上だから丁寧にしゃべらなきゃ(汗)」と思って”Mr”をつけて呼ぶなど丁寧に話したのですが、寒気がするからやめてくれ(笑)と言われたものです。

 

2.英語は主語を省略しない

「(僕は)すごく疲れた」「(あなたは)疲れたの?」

日本語はしばしば主語を省略しますが、英語は基本的に主語を省略しません。上記の二つの表現を英語に訳すと、”I’m exhausted. “ “Are you exhausted?”となります。主語であるIとyouがバッチリ入っていますね。

 

3.英語では「あなた」を表す色んな表現が、会話で使われる

デート

Photo by Shutterstock

“Let’s meet up tomorrow, man!”(明日会おうぜ!)

上記の”man”だけでなく、”dude”や”lovely”、”baby”や”bro”、さらには”darling”や”my precious”など、相手を呼ぶ様々な英語の表現が会話で使われます。日本語にも「あなた」「お前」「貴様」など色んな表現がありますが、その数では英語に劣る気がします。

また、すでに述べたとおり日本語は主語を省略する傾向にあるので、実際の会話ではそこまで多彩な表現は使われません。対照的に英語では、「あなた」を表す様々な表現が、会話で使われているのです。

 

4.英語はオーバーに話すぐらいがちょうどいい

オーバー

Photo by Shutterstock

ワーオ!!」「ファンタスティック!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会