ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・リン監督が映画『ワイルド・スピード』シリーズに復帰

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ヴィン・ディーゼルは、Facebookのライブストリームでジャスティン・リン監督が映画『ワイルド・スピード』シリーズに復帰し、9作目と10作目を手掛けると述べた。10月25日(現地時間)のことだ。

ディーゼルが「『ワイルド・スピード』の父」、「このシリーズの『創造者』」、「この美しい伝説を復活させる責任者」と呼ぶリンは、これまでの8作品中4作品を監督した。また、ディーゼルはジョーダナ・ブリュースターも9作目に復帰すると明かしている。ミア・トレット役を演じるブリュースターは最後に出演した映画『ワイルド・スピードSKY MISSION』の中で家族のビジネスから引退し、故ポール・ウォーカーが演じたキャラクターと家庭を持つ決断をした。

リンが次の2作品の監督を引き受けたという情報はまだ公表されていないが、ディーゼルはリンについて「あなたはシリーズ9作目と10作目を信じられないような作品にしたがっていた。私たちはあなたが伝説について懸念していると聞いている。その伝説は最終章になるだろう」と語った。

米ユニバーサル・ピクチャーズは何らコメントしていない。

この情報は、ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムが演じる役にフォーカスしたスピンオフ映画が2019年に公開し、シリーズ9作目の公開日が2019年から2020年に延期されると発表された後に明かされた。ディーゼルは「世界を8周回った乗り物のように、シリーズにはメンテナンスが必要。私の良き友でありユニバーサルのゴッドファーザー、ロン・メイヤーはその時間を与えてくれた。ワクワクするようなニュースをシェアできるだろう」とインスタグラムに投稿した。


Brotherhood… and all it's complexities. This scene was filmed in Puerto Rico, I can remember it like it was yesterday. Such a beautiful island, the people were so warm and welcoming. I turned 43 that summer… and my son Vincent was born. A woman named Jan Kelly responded to a question I had asked on Facebook, 'who they would like to see me work with?' She said would love to see me work with Dwayne… I listened to her request and he became Hobbs. I know there has been a lot of speculation as to why the Fast 9 release date was pushed… but it would be unfair to say it is anyone's fault. As we plot the course to expand the Fast & Furious universe, one must be mindful to take stock of the roads we took to get here. The pillars of authenticity, family and most importantly, our loyal fan’s perspective has been instrumental in procuring success. However, like any vehicle that has run around the globe 8 times, the franchise is in need of maintenance. My good friend and the godfather of Universal, Ron Meyer has granted me the time to do just that. We have some very exciting news to share soon… stay tuned. Yours truly, Dom #FamilyAlways

Vin Dieselさん(@vindiesel)がシェアした投稿 –

ディーゼルのFacebookライブストリームはこちらから

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。