ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

地下放送や謀略放送に短波が採用されていた理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
地下放送や謀略放送に短波が採用されていた理由

大空を飛んで行くラジオの電波に国境はありません。国家の体制が違っていても、電波は国内に飛び込んできます。それゆえ、独裁国家は敵対国への謀略放送を行ったり、自国へ向けられた地下放送を妨害して、自国民を真実から遠ざけようとします。そんな海外ラジオ放送で短波帯が使われる理由を見ていきましょう。

短波放送で外国への宣伝活動を行う

国境を越えるラジオ放送を行うには、より遠くまで飛ぶ電波に乗せる必要があります。そこで選ばれた電波が中波帯(AMラジオ放送帯)と短波帯です。特に短波帯は数千kmも飛ぶので、海外ラジオ放送の主用波となっており、広い帯域に国際的な割当てがあります。

日本国内のラジオ放送は、主に中波帯とFM帯(FMラジオ放送帯)で放送されています。これは、県内のラジオ局は県内をサービスエリア(視聴範囲)とするため。大都市圏の「広域放送」は、隣県にも電波を飛ばしていますが、これは例外的なもので、ラジオ放送の基本は県内で収める「県域放送」です。

見通し距離が電波の到達距離になる、FMラジオ放送だとイメージしやすいでしょう。夜になると1,000kmくらい飛ぶAMラジオ放送は混信して、日中は遠距離になるとノイズが多くなるので、実質的に県域放送です。

対して、短波帯は昼夜を問わずに遠くまで伝わり、海外へも飛んでいきます。地球の裏側まで届く電波もあるほど。この特性を利用して、外国への宣伝活動を行ってきたのが短波放送です。

多くの短波放送局がネットに移行

特に東西冷戦下の1950~1980年代は、両陣営で国家レベルのプロパガンダ放送を相手陣営の国民に対して行っていました。そんな時代背景もあり、政治的な理念だけではなく、自国をアピールするため、相手国の言語を使った国際放送を行う国が増えていったのです。日本語放送も急増し、1970年代にBCLがブームになりました。

そして現在、世界規模でインターネットが普及したことで、多くの短波放送局がネットラジオに移行し、短波放送は大きく縮小。しかし、インターネットが全土に普及していない発展途上国や、情報統制を行っている国では、今でも短波放送が続けられています。

また、北朝鮮や国内情勢が不安定な地域に向けた短波放送が、先進国によって行われていたり、布教を目的とした宗教局の中には、短波放送を継続し続ける局もあります。短波放送は相手がラジオさえ持っていれば、どんな地域にいても、遠くから情報を伝えることができるからです。

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。