ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

東武東上線、西武池袋線、副都心線を徹底比較! 池袋駅まで15分圏内の家賃相場が安い駅って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東武東上線、西武池袋線、副都心線を徹底比較! 池袋駅まで15分圏内の家賃相場が安い駅って?

「渋谷駅」「新宿駅」「池袋駅」。いずれも都内における交通の要衝であり、周辺の街はSUUMOが毎年発表している「住みたい街ランキング(関東版) 」でも人気が高い。

交通の便がよく、飲食店や商業施設も充実しているが、そのぶん家賃相場も割高だ。そのため、現実的には各駅の周辺で家を探す人が多いのではないだろうか。

そこで、こうした人気の街に乗り換えなしで行ける鉄道路線の沿線をリサーチ。今回は西武池袋線、東京メトロ副都心線、東武東上線に焦点を当て、「池袋」まで15分圏内の駅で、最も家賃相場が安い街を路線別に調査してみた。

西武池袋線で最安! 池袋まで10分の「江古田」ってどんな街?

【画像1】江古田の駅前から続く商店街。飲食店も多く、暮らしやすそうな雰囲気だ(写真撮影/小野洋平)

【画像1】江古田の駅前から続く商店街。飲食店も多く、暮らしやすそうな雰囲気だ(写真撮影/小野洋平)

まずは、池袋から所沢方面に伸びる「西武池袋線」。池袋まで15分圏内で最も家賃相場が安いのは「江古田」だった。池袋までは10分で、家賃相場は6.5万円(1K/1SK)とリーズナブル。都営大江戸線の新江古田や西武有楽町線の新桜台も徒歩圏内で、交通利便性は高い。

日本大学芸術学部や武蔵野音楽大学があるため学生の姿が目立ち、街全体に活力が感じられる。さらに、音楽喫茶やジャズバー、ライブハウスなどがあり、文化的かつアカデミックな雰囲気が漂う。ついでに、音楽でいうと大手カラオケチェーン「カラオケ館」の1号店は江古田にある。

駅前には「江古田銀座商店会」や「江古田ゆうゆうロード」などの商店街がにぎわいを見せていて、やはり学生向けのボリューム多めな飲食店、安くておいしいお店が多い。古くから学生の胃袋を満たしてきた洋食店や中華料理店に加え、おしゃれなカフェや個性的なバーなど、種類も多彩だ。桜の名所、千川通りには有名なベーカリーも並んでいて、散歩がてら朝食を買いに行くのもいい。

整備された街並みは美しく、「浅間神社」などの癒やしスポットもある。住むにも遊ぶにも、魅力の多い街だ。

●西武池袋線 池袋駅まで15分圏内の家賃相場が安い駅

順位/駅名/池袋までの乗車時間/家賃相場

1位 江古田 10分 6.5万円

2位 石神井公園 14分 6.7万円

3位 東長崎 6分 6.9万円

4位 桜台 11分 7.0万円

4位 中村橋 14分 7.0万円

「成増」がダブル首位獲得! 池袋まで15分の副都心線「地下鉄成増」ってどんな街?

【画像2】地下鉄成増駅前は大通りに面していて、商店も多い(写真撮影/小野洋平)

【画像2】地下鉄成増駅前は大通りに面していて、商店も多い(写真撮影/小野洋平)

続いて、東京メトロ「副都心線」の沿線をチェック。池袋まで15分圏内で最も家賃相場が安いのは「地下鉄成増」だ。池袋までは15分で家賃相場は6.5万円(1K/1SK)。なお、東武東上線でも「成増」は家賃相場が最も安く6.3万円(1K/1SK)だったため、ダブル首位獲得となった。「地下鉄成増」と「成増」はすぐ近くにあるため、複数路線が利用できる。

地下鉄の階段から地上に出ると、すぐに国道254号線(川越街道)が伸びており、その両サイドに飲食店や商店が点在している。また、「なりますスキップ村」や「成増すずらん通り商店街」など地域密着の商店街が残り、「ダイエー」や「西友」などの大型スーパーもあって買い物環境は非常に充実している。

また、広大な敷地面積をもつ「光が丘公園」は、昼寝や読書にぴったりの芝生広場や、野鳥などの生き物がすみやすい環境のバードサンクチュアリがあり、自然環境も豊かだ。初詣など周辺住民の多くが参拝に訪れる「乗蓮寺」は、高さ13mをもつ“東京大仏”でも知られている。ほかにも、「松月院」や「赤塚氷川神社」といった古い寺社が点在。自然と歴史、生活利便性のバランスに優れた街だ。

●東京メトロ副都心線 池袋駅まで15分圏内の家賃相場が安い駅

順位/駅名/池袋までの乗車時間/家賃相場

1位 地下鉄成増 15分 6.5万円

2位 小竹向原 6分 6.7万円

2位 氷川台 8分 6.7万円

2位 地下鉄赤塚 13分 6.7万円

5位 千川 3分 6.9万円

「蒙古タンメン中本」の本店が! 池袋まで15分の東武東上線「上板橋」ってどんな街?

【画像3】上板橋駅前。昔ながらの商店街には生活の匂いが漂う(写真撮影/小野洋平)

【画像3】上板橋駅前。昔ながらの商店街には生活の匂いが漂う(写真撮影/小野洋平)

最後は、池袋から川越方面に伸びる「東武東上線」の沿線をチェック。池袋まで15分圏内で最も家賃相場が安いのは、前述したとおり副都心線と同様「成増」だ。そこでこの章のみ、東武東上線で2位となった「上板橋」に注目することにしよう。「上板橋」は池袋までは15分で、家賃相場は6.6万円(1K/1SK)となっている。

駅周辺を歩いてみると、広々したロータリーが整備された駅北口にはチェーン系の飲食店や大型スーパーのイトーヨーカドーがある。ちなみに、人気激辛ラーメン店「蒙古タンメン中本」は、北口の上板橋店が本店だ。一方、南口には昔ながらの個人商店が残る「上板南口銀座商店街」がある。地元で人気の定食屋さん、激安の弁当屋さん、居酒屋、青果店、住民の衣食住を支える庶民派の商店街だ。

住宅街には保育園、小中学校も多く、子育て環境も整うほか、科学をテーマにしたアトラクションが無料で楽しめる板橋区立教育科学館、バーベキュー利用やイベントも豊富な板橋区平和公園もあり、子育て世帯も暮らしやすそうな環境といえる。

●東武東上線 池袋駅まで15分圏内の家賃相場が安い駅

順位/駅名/池袋までの乗車時間/家賃相場

1位 成増 12分 6.3万円

2位 上板橋 15分 6.6万円

3位 ときわ台 12分 7.1万円

4位 大山 6分 7.3万円

5位 中板橋 9分 7.34万円

池袋から電車で15分圏内の3つの街。一人暮らし用の物件が6万円台で借りられ、都心近接の街としては比較的リーズナブル。加えて、いずれも激安価格で生活を支える商店街や学生のための飲食店が充実しているため、生活コストを抑えたい人にもおすすめだ。

池袋駅周辺は現在「木密地域不燃化10年プロジェクト」が進んでいて、豊島区旧庁舎跡地にオフィスや商業施設が入った大型複合ビルの計画や、マンションの建設計画など、さらなる活性化が期待されるエリア。それだけに、今のうちから周辺の穴場の街を探ってみるのもいいかもしれない。●調査概要

【調査対象駅】東武東上線・西武池袋線・東京メトロ副都心線

【調査対象物件】駅徒歩15分以内、10m2以上、1K・1SKの物件(定期借家を除く)

【調査期間】2017年4⽉1⽇~2017年6⽉30⽇

【家賃の算出⽅法】上記期間でSUUMOに掲載された賃貸物件(アパート/マンション)の管理費を除く⽉額賃料から中央値を算出。(随時更新のため、物件数は変動の可能性があります)

【乗車時間の算出方法】『Yahoo!乗換案内』を使用。2017年8月8日時点で「2017年9月1日(金)8:30までに池袋駅に到着」を指定し検索した結果。(列車種別ごとに乗車時間は算出していません)
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2017/10/144180_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

「池袋駅」まで自転車15分で行くならどこに住めばいい? 家賃相場はどのくらい?
「渋谷駅」まで自転車15分で行くならどこに住めばいい? 家賃相場はどのくらい?
JRの駅が独占! 東京23区内の駅名検索数ランキングTOP10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。