体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビのないリビングでゆったり暮らす。家庭にもたらす有意義な時間とは?

テレビのないリビングでゆったり暮らす。家庭にもたらす有意義な時間とは?

一昔前は家電における『三種の神器』として欠かせなかったテレビ。しかし、今ではテレビ離れが叫ばれ、リビングにテレビを置かない家庭も増えてきているという。家族が長い時間を過ごす生活空間からテレビを取り除くことで、どんなメリットが生まれるのだろうか。そこには、家族が充実した暮らしを営むためのヒントが隠されているのかもしれない。今回は実際にテレビから距離を置く家庭を訪れ、その生活について語ってもらった。

3つのステップでテレビ依存を解消

最初にお話を伺ったのは、ライフオーガナイザーの香村薫さん。著書『トヨタ式おうち片づけ』で知られるミニマリストの香村さんは、子どもが生まれたのをきっかけにテレビを購入したものの、家族がテレビに依存し、会話やコミュニケーションが減ってしまうのを危惧していたという。

「私は家族のテレビ依存を解消するために3ステップでリビングからテレビをなくしていきました。最初のステップでは『テレビの見にくい環境づくり』です。リビングとつながっている隣の和室にテレビを配置することで、物理的な距離をとりました」【画像1】まずはリビングから見るには距離がある位置にテレビを置いた(写真提供/香村薫)

【画像1】まずはリビングから見るには距離がある位置にテレビを置いた(写真提供/香村薫)

距離をとることでテレビへの執着が軽減され、自然とテレビをつける頻度が減ったとのこと。また他の方法として、画面に対し普段座るイスの角度が90度に配置することで首に負担がかかり、長時間テレビを見ることを防止できるそうだ。

「これを続けていくと、次のステップでは録画が増えていきます。録画をすることで安心感を得られますし、自分にとって必要な番組かどうか、情報の取捨選択が行えるようになるんですよ。これが次のステップになります」

そして、最後のステップではテレビを全く別の部屋に移動。『テレビ専用部屋』とし、あえてテレビを見に行く部屋として位置づける。【画像2】子どもが成長したときに使用する予定の部屋を「テレビ部屋」として活用(写真提供/香村薫)

【画像2】子どもが成長したときに使用する予定の部屋を「テレビ部屋」として活用(写真提供/香村薫)

「リビングにあったころはずっとテレビに釘付けだった子どもが、今では見たい番組を見終わったら、ちゃんとリビングに戻ってくるようになりました」

時には家族そろってスポーツ観戦をしたり、映画鑑賞を行ったりしているという香村さん家族。専用のテレビ部屋を作ったことで、より集中してテレビを見るようになったため、満足度は高いそうだ。

テレビは固定家具じゃなく移動家具

ただし、年末年始など親戚やお客さんが大勢集まる時期にはテレビをリビングに移動することもあるという。

「テレビがあると人は集まりますよね。だから、ライフステージに応じてテレビを置く場所を変えれば、一つひとつの部屋が有効活用できると思いますよ」【画像3】リビングテーブルをテレビ台として使用(写真提供/香村薫)

【画像3】リビングテーブルをテレビ台として使用(写真提供/香村薫)

テレビがリビングにあったころと比べて、家族内の会話が一段と増えたという香村さん。さらには、これまでテレビに取られていた時間を活かし夫が資格の勉強を始めるなど、思いもよらぬ効果もあったようだ。【画像4】テレビがないからこそ家族同士が向かい合える(写真提供/香村薫)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。