体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スッキリ暮らす[6] 収納王子コジマジックさん「子どもが片づけ上手になる“収育”を広めたい」

スッキリ暮らす[6] 収納王子コジマジックさん「子どもが片づけ上手になる“収育”を広めたい」

魔法のように100均グッズをアイデア収納に変身させ、スッキリ片づいた空間をプロデュースしている収納王子コジマジックさん。さまざまなメディアで片づけの楽しさを伝える姿を目にしたことのある方は多いのではないでしょうか。芸人として活躍していたコジマジックさんがどうして収納王子となったのか、そしてどんなスッキリライフを送っているのか、片づけに対する熱い思いとともに伺いました。

「片づけ好き・DIY好きが自分の武器になるとは思ってもみませんでした」

真っ白な衣装に身を包み、キラキラの笑顔で活躍中の収納王子コジマジックさん。20代のころから、漫才師として数々の新人賞を受賞するなどの活躍をしていましたが、幼少のころからの片づけ好き、DIY好きという特性を活かし、片づけができて笑いもとれる「収納芸人」という新しい道を切り開いてきました。

「収納芸人になったきっかけは、所属している松竹芸能のホームページで靴箱や机を安くつくるアイデアを紹介したこと。それを見たテレビ局の方が、情報番組で視聴者の部屋を片づけたり改造したりする企画に、私を抜擢してくださったんです」とコジマジックさん(以下同)

これが視聴者にとても好評だったため、「せっかくなら誰よりも片づけに詳しい芸人になろう」と片づけについて体系的に猛勉強し、「整理収納アドバイザー」や「住空間収納プランナー」の講師資格を取得。「収納王子コジマジック」として活動の場を大きく広げていきました。

“収納王子”として活動するほか、コジマジックさんは整理収納の会社「ケイスタイル株式会社」を立ち上げ、モデルルームの収納コーディネートや収納グッズのプロデュースなどの活動を通じて、片づけたい人々のサポートを行っています。また、2014年12月には収納と育児・教育・育成を組み合わせた“収育”を理念として掲げた「一般社団法人日本収納検定協会」を設立。2015年10月からは“お片づけを楽しむ検定”「収納検定」をスタートさせ、今や片づけ界のアイコン的存在になっています。

「幼いころからの片づけ好き・DIY好きという資質が、こうして自分の武器になるとは思ってもみなかったですね」と語るコジマジックさん。「その原点は整理好きの母にあります」と振り返ります。【画像1】「○○王子」が流行っていたので肩書きは「収納王子」!王子といえば白い衣装!マジックのように片づけるから本名の小島をもじって「コジマジック」に!と華麗に転身。つっぱり棒を“魔法の杖”として使っているのもユニークです(写真提供/ケイスタイル株式会社)

【画像1】「○○王子」が流行っていたので肩書きは「収納王子」!王子といえば白い衣装!マジックのように片づけるから本名の小島をもじって「コジマジック」に!と華麗に転身。つっぱり棒を“魔法の杖”として使っているのもユニークです(写真提供/ケイスタイル株式会社)

「片づけなさい!としかるだけでは、子どもは片づけられるようになりません」

「収納力・DIY力を身につけた現在の私があるのは、実は母のおかげなんです。母は片づけ好きで整理上手な人。DIYもよくしていて、古い家具をカッティングシートでリメイクしたり、押入れのふすまを外してロールスクリーンを取り付けたりしていました。私もそれを手伝っていたので、DIYのコツが自然と身につきましたね」

「また母は、私が幼いころ、遊びを取り入れながら親子で一緒に片づけることで、整理収納のコツが自然と身につくようにしてくれました。例えば籠に色付きシートを貼り、『このおもちゃはブルーの籠に、これはピンクの籠に入れる』というふうに分ける遊びをしながら、どこに何をしまうのか幼い子どもにもはっきり分かるような仕組みづくりをしてくれたわけです。母の収納方法を見よう見まねで実践していたので、私も自然と片づけ好きになっていました。部屋をきれいに整理整頓すると母が褒めてくれてすごくうれしかったですね」【画像2】幼少期のコジマジックさんとお母様。「たまに母に会うと、『あなたの仕事のあれもこれも私のパクリだからね(笑)』と言われ、改めて母のおかげなんだなあと気づかされます」(写真提供/ケイスタイル株式会社)
1 2 3 4 5次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。