ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

180インチ4K対応!オートフォーカスもできる小型プロジェクターが4万円台

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大画面で映画やTV、ゲームをしたい。そんな風に思う人が多いのか、省スペースで大画面のメディア体験を実現できるプロジェクターの進化は止まらないと感じます。

今回紹介するのは、省スペースでオートフォーカス、180インチ、かつ4K対応のプロジェクター「XGIMI CC Aurora」。クラウドファンディングのINDIEGOGOで出資を募っているプロジェクトです。

・家でも外でも使える

XGIMI CC Auroraは、最大180インチのプロジェクター。720p対応で、4K出力もサポートしています。

180インチの際はこのように壁に投影し、ヨガの先生と一緒に部屋でレッスンするということも。

ここまで大きければ、実際の教室で対面でやるのとなんら変わらないような気がする。未来っぽい。

さらに、リビングとくらべてスペースがそこまで広くないキッチンで投影できるのも強み。

大きいスクリーンを用意したり、広い部屋を用意しなくても鮮明な映像を楽しめるんです。

このお姉さん、すっごくナチュラルに使っているって、いいですね。

近くの壁にも投影できるので、もちろんビジネスでプレゼンする際にも大活躍。サイズも小さいですし、良いことだらけ。

・オートフォーカスが嬉しい

プロジェクターを使った事がある方は共感してくれると思うのですが、ピンと合わせがとても大変だったりします。

XGIMI CC Auroraはオートフォーカス機能搭載しているので3秒でピント合わせ完了します。

プロジェクターをちょっと場所変更したり、プロジェクターが置いてあるテーブルをウッカリ蹴っ飛ばしちゃっても、ピント合わせでイライラしないから最高。

XGIMI CC Auroraは、クラウドファンディングINDIEGOGOで一般販売予定価格569ドルのところ、先着50個まで389ドル(約4万4000円)の出資で購入できます。

詳しくは下記のリンクからどうぞ。

XGIMI CC Aurora: Your HD Portable Wireless Theatre | Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。