ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【THE 夏の魔物 ライヴレポート】『クアトロの魔物』2017年10月26日 at 渋谷CLUB QUATTRO

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 成田大致率いる“ペンライトを振れるロックンロールバンド”、THE 夏の魔物が1stアルバム『THE 夏の魔物』のリリースを記念して、ワンマンライヴを開催。全員が一丸となって渾身のパフォーマンスを披露した。
 (okmusic UP's)

 赤・白・緑・青・黄。カラフルなペンライトの光が揺れる中、越川和磨(Gu)、えらめぐみ(Ba)、中畑大樹(Dr)ハジメタル(Key)というロックシーンの精鋭たちからなるシン・マモノバンドによる切れ味鋭い演奏がTHE 夏の魔物のメンバーを迎え、ライヴはバンドの誕生を謳った「魔物BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~」で始まった。そこから1時間30分、ライヴの前日にリリースしたセルフタイトルの1stアルバムの全曲にロックンロール賛歌の「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」を加えた全13曲を、成田大致、泉茉里、大内雷電、鏡るびい、アントーニオ本多の5人は畳み掛けるように歌い、踊り、そして、ペンライトを振りながら声を上げるファン=魔物チルドレンに思いの丈をぶつけるように叫んだ。

 途中、成田がチルドレンに感謝の言葉を述べたり、アントンさんが“誰にも負けない”と笑顔を自慢してみせたり、コール&レスポンスを求めたりした以外、演奏はノンストップで進む。伝えたいことはすべて、アンセムからバラードまで、幅広い曲に込めた。だから“音楽そのもので勝負するんだ!!”という覚悟の表れにも感じられた。荒削りなパフォーマンスもまた、音源とは違うライヴならではの魅力。そしてこの9人のメンバー、そして魔物チルドレンと出会えた奇跡を「THE 夏の魔物のテーマ」で謳い上げた彼らは、《もっと 一緒にいたい》と歌う「僕と君のロックンロール」でアンコールを飾り、その想いを未来につなげたのだ。
撮影:タイコウクニヨシ/取材:山口智男
セットリスト
1.魔物BOM-BA-YE 〜魂ノ覚醒編〜
2.リングの魔物
3.涙。
4.どきめきライブ・ラリ
5.RNRッッッ!!!
6.わたし
7.東京妄想フォーエバーヤング
8.バイバイトレイン
9.SUNSET HEART ATTACK
10.over the hill
11.THE 夏の魔物のテーマ
<ENCORE>
1.マモノ・アラウンド・ザ・ワールド
2.シン・魔物BOM-BA-YE 〜魂ノ共鳴編〜
3.僕と君のロックンロール
THE 夏の魔物
ザ・ナツノマモノ:ロックフェス『夏の魔物』の主催者である成田大致によって、2017年1月6日に結成された“ペンライトをふれるロックンロールバンド”。同年7月、前山田健一作曲「シン・魔物BOM-BA-YE 〜魂ノ共鳴編〜」を収録したEPをバップよりメジャーリリース。10月25日、1stアルバム『THE 夏の魔物』を発売。その翌日となる26日には渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライヴを行なう。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。