体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

whiteeeen、最年少メンバー卒業&新メンバーオーディション開催を同時発表

whiteeeenが最年少メンバーであるmeriのグループ卒業を公式サイトで発表! 同時に新メンバーを決めるオーディションの開催も発表した。
whiteeeen オーディションバナー (okmusic UP's)

透明感のあるピュアな歌声が10代20代から圧倒的支持を得ている4人組女性ボーカルユニットのwhiteeeenは、2015年に行われたオーディションによって誕生した。42万人を超えるエントリーの中から、“声”のみで選ばれたmeri、kana、hima、noaの4人。ユニット名が表しているように、当時全員が10代だった。そして同年、GReeeeNの代表曲をカバーした「愛唄〜since 2007〜」でメジャーデビュー。映画「ストロボ・エッジ」の主題歌として話題を集め、whiteeeenの名を一気に世に知らしめた。その後もアニメ映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」や映画「青空エール」の主題歌、資生堂のCMソングなどにも彼女たちの楽曲が起用され、その活躍ぶりに期待度は増すばかり。

そんな中、最年少メンバーのmeriがグループを卒業することになった。その理由は、幼い頃から持ち続けてきた夢を叶えるために学業に専念する、とのこと。meriの強い意志を尊重し、メンバーは彼女の夢を後押しすべく送り出すことを、それぞれの言葉で語っている。

そして、whiteeeenは新メンバーを探すためのオーディションの開催を発表した。10月31日(火)に開設されたオーディション特設サイトに詳細が掲載されるが、アカペラで「愛唄〜since2007〜」を1コーラス歌った動画を投稿し、エントリーするという方式だ。12月初旬にファイナリストが選ばれ、12月下旬に新メンバーが決まるというスケジュールになっている。新しいメンバーが加わることで、新しいwhiteeeenの歌が生まれる。第2期whiteeeenが起こす化学反応が楽しみだ。

meriとwhiteeeen、違う道を歩むことになったが、それぞれの夢に向かって邁進する決意は同じ。前へと歩み続ける彼女たちの未来を見届けてほしい。

■whiteeeenオーディション特設サイト

http://po.st/whiteeeenaudition

■whiteeeenオフィシャルHP

http://whiteeeen.com/
【whiteeeenメンバーコメント 】

■meri

whiteeeenを応援してくださっている皆様へ

私meriは、10月31日をもちましてwhiteeeenを卒業する事になりました。

突然の発表となってしまい、本当に申し訳ございません。

幼い頃から持ち続けてきた夢を叶える事を目指し、これからは学業に専念する為に卒業を決めました。

私は一つの事に集中すると、他の事がおろそかになってしまう不器用な性格で、whiteeeenと学生生活を両立することがなかなか出来ない事に納得が行かず、無力さに何度も自分が嫌になりました。

今後についてたくさん悩み、私のわがままではありますが、想いを打ち明けました。メンバーや事務所の方々はどうにか一緒にwhiteeeenを続けていく道をずっと考えてくださいました。

それでも今学業に専念したいという想いを伝え、たくさん話し合い最終的にメンバーから「meriが決めた道だから応援する」と背中を押してくれました。

メンバーはじめ、プロデューサーのJINさん、GReeeeNさん、事務所の方々、そして応援してくださっているファンの皆様と、たくさんの方々に支えていただき、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。皆様と一緒に過ごしてきた日々は、本当に本当に幸せでした。

みんなの中心となって引っ張ってくれたnoa、落ち着いた性格でいつも癒してくれるhima、そして、本当のお姉ちゃんの様にいつも私を気にかけてくれていたkana。

3人が居たから頑張れる事ばかりでした。本当にありがとう。

ずっと応援してくださっていた皆様、今まで本当にありがとうございました。これからはいちファンとしてwhiteeeenの事を1番に応援していきます。そして皆様、これからも変らずwhiteeeenの応援をどうかよろしくお願い致します。meri

■kana

いつもwhiteeeenを応援していただき、本当にありがとうございます。

いきなりの出来事で驚いている方もいらっしゃるかと思います。私も、meriからこの話を受けた時はすごく驚いたと同時に胸が苦しくて、辛かったのが正直な気持ちです。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。