体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに

「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに

現在フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。サンゴ礁が死にマングローブが破壊されて、魚や他の海洋生物が危機に直面しているという。

そんな背景から、フィリピンのパラワン島に建設予定のリゾートホテル「ノーチラス・エコリゾート」は、排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロという徹底的にエコなコンセプトが設定されている。しかし、特筆すべきはそのユニークな形。「ここは、一体どこ?」と呟いてしまうほどに異次元な空間だ。

世界でいちばん美しい島に
ふさわしいデザイン

「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに

フィリピンのパラワン島といえば、よく「世界でいちばん美しい」とキャッチフレーズがつく島。その地にふさわしい建築デザインを手がけたのは、ベルギー生まれで、パリを拠点に活躍する建築家ヴィンセント・カレボー率いるヴィンセント・カレボー・アーキテクト。

巻貝をイメージさせる白を基調としたホテルや、回転する構造のユニークなアパートメント・タワー。まるで渦を描いて並んでいる斬新なレイアウトは、フィボナッチ数列という黄金比に基づいているのだとか。ちなみにこの黄金比、人間が美しいと感じる比率なのだそう。「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに 500人以上が滞在できるようにデザインされている。しかも、建設にはリサイクルされた素材のみによるのだということだ。「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに 太陽に合わせて回転する住居用のアパートメント・タワー。建物にいながら、日光浴が楽しめるつくりとなっている。「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに 近未来的で、流線的な構造は、まるで宇宙船の中を歩いているような印象を与える。「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに エコ・リゾートらしく緑も豊富だ。中央部にあるのは、山をモチーフとした建物。「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに 水辺にはリラックスできるスペースが点在している。ゆったりと過ごすには、もってこいだ。「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。