ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

オービス主要4タイプを見分けるポイントとは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オービス主要4タイプを見分けるポイントとは?

無人式のスピード取締カメラがオービス。レーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と道路に埋め込まれたループコイルで測定する「ループコイル式オービス」があります。そして近年はそれぞれ「Hシステム」と「LHシステム」と進化。これがオービス主要4タイプになります。

レーダー式オービスは切り換え中

オービスは、10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」がかつては広く使われていました。そして、近年主流なのがレーダー波を使わず道路に埋め込まれたループコイルによって測定する「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

ちなみに、日本のオービスの元祖はループコイル式の「オービスⅢ」。ゆえに、自動取り締まり機をまとめて「オービス」と呼ぶようになったわけです。オービス主要4タイプを見分けるポイントを見ていきましょう。

レーダー式オービスは、Xバンドの「レーダー波」で車速を計測する、昔ながらの装置。違反車両は、その先の路肩や中央分離帯に設置された記録部のフィルムカメラで撮影されます。他のオービスへ切り換えが進行中です。

オービスは赤色灯付きのボックス

Hシステムは、正方形のハンペン型アンテナ・赤外線ストロボ・CCDカメラでワンセットの構成が特徴です。手前で車速を1度測って電光掲示板で警告します。雪の多い北海道ではいまだに主力のオービスです。

ループコイル式オービスは、道路に埋設されたループコイルで車速を計測。違反車両はその先の路肩などに設置された記録部のCCDカメラなどで撮影されます。撮影ポイントは路上の白いラインです。

LHシステムも道路内のループコイルで車速を測ります。ただし、CCDカメラと赤外線ストロボは、F型やアーチ型の支柱に設置。Nシステムなど路上カメラと特に紛らわしいオービスですが、赤色灯付きのボックスがあるかどうかで見分けられます。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。