体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『じゃらん』編集部が選んだ 今年行ってみたい“イルミネーションスポット”ランキング発表!

ハウステンボス「光の王国」

これから街を彩り始めるイルミネーション。スケールの大きなものから街中のイルミネーションまで、今年も各地に個性豊かなスポットがたくさん登場します。今回は、各エリアの最新情報を知る『じゃらん』編集部が選んだ、今年行ってみたい“イルミネーションスポット”を紹介します。

“イルミネーションスポット”ランキング発表!

旅のプロも注目! 今年行ってみたい第1位は、ハウステンボス「光の王国」

“イルミネーションスポット”ランキング発表アンケート概要:『じゃらん』2017年12月号で紹介しているイルミネーションスポットより20カ所を選出し、アンケートを実施 調査時期:2017年10月12日(木)~10月17日(火)/回答数:『じゃらん』編集部53名、複数回答

1位「ハウステンボス」、2位「なばなの里」は、どちらも圧倒的なスケールと毎年変化する多彩な演出が魅力のスポットです。続く3位「神戸ルミナリエ」、4位「SENDAI光のページェント」は、街中を柔らかな光が包む幻想的な美しさが人気を集める結果となりました。

ベスト5にランクインした各スポットをご紹介

1位:ハウステンボス「光の王国」【長崎県】

ハウステンボス「光の王国」 ハウステンボス「光の王国」

世界最大の1,300万球、キラキラ輝く大スケールのイルミネーションは圧巻! ガラス製の床から真下に光の世界が広がる「光の天空カフェ」や、音楽に合わせたイルミショーが繰り広げられる高さ30mの「光の天空ツリー」など、今年の演出もさらにパワーアップしている。

【開催期間】2017年11月3日(金)~2018年5月6日(日)

【点灯時間】日没~営業終了まで ハウステンボス「光の王国」

「ハウステンボス「光の王国」」の詳細はこちら

2位:なばなの里「イルミネーション」【三重県】

なばなの里「イルミネーション」(C)2010熊本県くまモン 協力:熊本県大阪事務所 ※画像はイメージです。

東海エリアを代表する花と緑のテーマパーク。里内がイルミネーションで輝くこの時期は、入った瞬間から光の洪水に圧倒される。毎年テーマを変えて登場するメイン会場は必見。今年のテーマは、くまモンと熊本の四季折々の美しい風景がモチーフで、阿蘇山や熊本城など、熊本の多彩なシーンが次々と出現する。19:30以降が比較的空いていて狙い目。

名物「光のトンネル」

名物「光のトンネル」

花の形をした電球が無数に輝く、全長200mのトンネル。写真を撮るなら、トンネル中盤がオススメ。

【開催期間】開催中~2018年5月6日(日)

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。