体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上から目線に要注意!「催促メール」の書き方

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」等の文章力・コミュニケーション力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに、今回は「催促メールの書き方」について解説していただきます。

f:id:fujimine:20171023173503j:plain

高圧的な催促メールを送っていませんか?

メールで何かしらの催促をするときに、つい上から目線の高圧的な文章を書いてしまうことはありませんか? あるいは、明らかに冷たい文章を書いてしまうことはありませんか?もしも、あなたに思い当たるところがあるなら、注意が必要です。

【原文A】

記入をお願いしていた◯◯システム利用者アンケートが、まだ届いておりません。

至急お送りください。

この文面を「冷たい」と感じる人もいるでしょう。約束の期日を過ぎての催促ですので、厳しい言葉が必要なときもあるかもしれません。しかし、相手との関係性を大事にしたいのであれば、催促の「強さ」や「言い方」には細心の注意を払わなければいけません。

相手はうっかり忘れていたのかもしれません。あるいは、何かしらの手違いや不具合があって、アンケート記入済みのメールが、こちらに届かなかったのかもしれません。もっと言えば、そもそもこちらが送った「アンケート記入のお願いメール」が相手に届いていなかった、ということも考えられます。

強めの(冷たい)催促をしたあとに、こちらの過失だったことが判明したらどうなるでしょうか。バツが悪くなる……で済めば、まだマシなほうでしょう。相手の気分を損ねれば、信頼関係が崩れてしまうかもしれません。

催促メールでは「逃げ道」をふさがない

では、先ほどの文章(原文A)を改善してみましょう。

【改善文】

先週(9日)、◯◯システム利用者アンケートを送らせていただきました。お手元に届いておりますでしょうか。<確認>

昨日(17日)の18時に締め切りを設定しておりましたが、今日現在、藤井様からの返信を確認できておりません。<暗に催促>

何かしらの手違いで、藤井様にアンケートが届いていなかった可能性もあるかと思い、ご連絡を差し上げた次第です。<配慮>

念のため、本メールにも、お送りしたものと同じアンケートを添付しておきます。<配慮+暗に催促>

ご多忙のところ、誠に恐れ入りますが、ご確認いただければ幸いです。<配慮>

どうぞよろしくお願い申し上げます。

いちど目の催促では、この改善文のように、“こちらのメールが届いているかどうかの確認”という体裁を取るのが無難です(暗に催促であることは伝わります)。

大事なのは、「何かしらの手違いで〜」のような配慮を交えて、相手の「逃げ道」を用意してあげることです。感情任せに高圧的な催促をしてしまうと、相手の自己防衛本能が発動し「どうしてあなたの言う通りにしなければいけないの?」と態度を硬化させてしまう恐れがあります。

逆に言えば、「逃げ道」が用意されていれば、相手も素直に「申し訳ございません。すっかり失念しておりました」と、すぐに記入済みのアンケートを送ってくれるかもしれません。相手に何かしらの行動を望むときは、相手の立場になって、どうしたら相手が行動しやすいかを考えましょう。

× ご回答ください。【やや高圧的】

◯ ご回答いただければ幸いです。【お願い調】

× ご対応願います。【やや高圧的】

◯ ご対応いただければ幸いです。【お願い調】

なお、催促メールでは、つい言葉がきつくなりがちです。仮に相手に過失があったとしても、まずは「お願い調」で書きましょう。

商品が期日までに届かなかった……さて、どう催促する?

f:id:fujimine:20171023173625j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。