ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

大河原邦男のオリジナルロボ描いたタクシー、互助交通が運行

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大河原邦男のオリジナルロボ描いたタクシー、互助交通が運行

 タクシー会社の互助交通(東京都墨田区)が11月9日から、メカニックデザイナー大河原邦男氏が描き下ろした完全オリジナルロボット『iXine|イグザイン』(以下、イグザイン)を車体にデザインしたラッピングタクシー『イグザインタクシー』を運行すると発表した。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 イグザインは『機動戦士ガンダム』のモビルスーツなどで知られるメカニックデザイナー・大河原氏が、日本の製造業に関わる中小企業の活性化のプロジェクト『JMRP|全日本製造業活性化計画』の活動に賛同し、デザイン提供したオリジナルロボット。

 そして、互助交通有限会社は2016年から『超タクシーwithプロ生ちゃん』として痛タクシーの運行、また2017年5月には幕張メッセで行われたニコニコ超会議にて、ロンドンタクシーを痛タクシー仕様にして展示を行っていた企業であり、そんな実績もあり今回のコラボが実現した。なお、イグザインタクシーの乗車料は通常料金と同じ。

 イグザインタクシー運行を記念し「#イグザインタクシーを探せ!」と題したTwitterキャンペーンも開始される。Twitter公式アカウント @iXine_Taxi をフォローして、期間中にイグザインラッピングタクシーの写真を「#イグザインタクシーを探せ」のハッシュタグをつけて投稿すると、抽選で10名様にノンスケール(約6cm)のインジェクションキット『MiniXine|ミニザイン』の特別カラー1個がプレゼントされる。またラッピングタクシーの乗客には、イグザイン特製ポスカードがプレゼントされる。

画像提供・互助交通有限会社

関連記事リンク(外部サイト)

「鉄道の日」記念!JOYSOUNDが鉄道カラオケ人気ランキングを発表
特撮のテクニック満載!フォルクスワーゲンのだまし絵動画『up!-size』公開
水族館生まれとして国内最高齢のラッコ(21歳)天寿を全う 

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。