体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シチューのようなクリーミーな味わいの「カレーライス」

10月30日放送の「スッキリ」(日本テレビ系、午前08時00分~)では、絶品なのに絶飯寸前の「絶メシ」を特集した中で、「松島軒」(群馬県高崎市)が紹介された。

同店はJR高崎駅西口から徒歩9分ほどの所にある昭和21年(1946年)創業の大衆食堂。「カツ丼」(670円)や「ラーメン」(490円)など味わうことができる。

数あるメニューの中で人気なのが「カレーライス」(620円)だ。創業当時から変わらないメニューだそうで、具材は豚肉とタマネギのみというシンプルな一品。美味しさの秘密はお店オリジナルのカレールー。大量のラードに小麦粉を投入し、30分間休まずかき混ぜながら火にかける。その後、小麦粉にとろみが出てきたらカレー粉をかけてカレールーを仕上げる。さらに自家製のカレールーは鶏ガラと豚骨でとったラーメンスープで具材と共にじっくりと煮込むため、旨味がぐっと引き立つそうだ。ご飯の上に具材とルーを豪快にかけたら完成。シチューのようなクリーミーなカレーとなっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:松島軒(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:高崎のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:高崎×ラーメン・つけ麺のお店一覧
秘伝のタレを使った絶品ニジマス料理
ソースでますます美味しい絶品「ハンバーグ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。